本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
死者に寄り添い、その言葉に耳を澄ますということ

死者に寄り添い、その言葉に耳を澄ますということ

文:平松洋子 (エッセイスト)

『原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年』(堀川惠子 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #ノンフィクション

『原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年』(堀川惠子 著)

 原爆供養塔に眠るおよそ七万人、納骨名簿に記載される遺骨八一五柱。死者がひと括りの数字で語られることへの違和感、怖さを思う。数字のなかにひとりひとりの生を埋没させてはならない。二〇一七年、遺骨八一五柱のうち一柱の身元が判明、七十二年ぶりに遺族のもとに戻った。死者の語りに、私たちは耳を澄まし続ける必要がある。それが生きる者の義務であり、務めである。同年十月三日、佐伯敏子さんは九十七歳の生涯を閉じられた。

 五月に萌える新緑が、原爆供養塔を取り囲むようにしてさわさわと揺れている。初めて私が原爆ドームの前に立ったのは、小学生のときだった。平和記念資料館で受けた衝撃は今日まで色褪せることはないが、近年その展示内容が原爆の凄惨さを減じる傾向にあることが、どうにも引っかかる。さまざまな思いが湧き上がるなか、それでもあたりの静寂に導かれて心の波立ちを鎮め、手を合わせた。佐伯さんがこの世にいなくとも、佐伯さんそのひとの魂はきっとここにある。死者を葬り去ってはならない。忘れてはならない。歳月のなかに埋もれさせてはならない。しばらくひとり佇みながら、この原爆供養塔の前で出逢った佐伯敏子さんと著者の姿に思いを馳せた。そして、本書『原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年』によってもたらされた〈読む〉という行為の強度を思い、あらためて畏敬の念を抱いた。

文春文庫
原爆供養塔
忘れられた遺骨の70年
堀川惠子

定価:990円(税込)発売日:2018年07月10日

プレゼント
  • 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/7/19~2024/7/26
    賞品 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る