本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【冒頭立ち読み】『億男』#4

【冒頭立ち読み】『億男』#4

川村 元気


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『億男』(川村元気 著)

「あのお……」まどかは、メニューをじっと見て続ける。「水、持ってきてください」

「まどか……せっかくだからジュースとか飲みなよ」

「だってオレンジジュースが千円以上するじゃん。高すぎ。水でじゅうぶん」

 家賃とか人件費もあるから高いんだよ、と説明しようかと思ったが、まどかの指摘が正論のような気もして一男は黙り込んだ。店員は困惑する様子もなく、爽やかな笑顔で「本日はコースでよろしかったでしょうか?」と訊ねた。

「はい。四千円のコースで」と一男が言うのと同時に、まどかが重ねる。

「わたしコースいらない。ライスあります?」

“ライス”という言葉がこの空間に不調和に響いたのか、隣のテーブルの老婦人がこちらを見た。一男はまどかに顔を寄せる。

「ファミレスじゃないんだから」

「いいじゃん。ライス食べたいんだもん。それにコースも高すぎ」

「でもライスなんてメニューのどこにも書いてないし」

「そんなの聞いてみなきゃわかんないじゃん」

 まどかは相変わらず足を揺らしながら悪びれない様子だ。一男はまどかから店員に視線を移す。申し訳ないですと、目で訴えた。「かしこまりました。シェフと相談してきますね」。店員は先ほどと変わらぬ笑みを見せ、メニューを回収すると音も立てずに去っていった。

ページの先頭へ戻る