2018.11.09 発売情報

「女でいる」ために今日も重たき装備を身に纏う! ジェーン・スー『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』ほか

「「女でいる」ために今日も重たき装備を身に纏う! ジェーン・スー『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』ほか」をはてなブックマークに追加

文春文庫 11月のラインナップ

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル 女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。
    著者名 ジェーン・スー
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 「女でいる」ための鎧を着込んだすべての同志へ!
    「都会で働く大人の女」でありたい! 過剰な自意識と“世間”と戦うために、今日も女子は武装する。 本音しかないエッセイ集。
  • タイトル 天才 藤井聡太
    著者名 中村徹 松本博文
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 猛スピードで進化する一六歳の素顔。単行本に大幅加筆!
    デビューから破竹の二九連勝、羽生善治はじめトップ棋士を破り棋戦初優勝、異例の三段階昇段……。天才はいかにして誕生したのか。
  • タイトル 文字通り激震が走りました
    著者名 能町みね子
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 「週刊文春」人気連載、文庫オリジナルで登場!
    議員、力士、芸能人から容疑者まで幅広い発言をチェックし、毎週とらえ続けた「言葉尻」&「炎上ワード」約三年半分を一挙大放出!
  • タイトル そしてだれも信じなくなった
    著者名 土屋賢二
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 「週刊文春」好評連載千回突破!
    今日もツチヤ先生の周りは悩みのタネがいっぱい。一級のユーモアで芽を摘んだり逆に大きく育ったり? 笑顔の花咲くエッセイ六十篇。
  • タイトル 緊急重役会
    著者名 城山三郎
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 城山三郎・幻の企業小説集が復刊
    歴史ある紡績会社に突如として勃発した社長対次期社長候補のお家騒動(表題作)はじめ、組織に生きる男たちの業を描いた佳品四篇。
  • タイトル ファザーファッカー
    著者名 内田春菊
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 十五歳のとき、私は娼婦だったのだ……
    養父との関係に苦しむ多感で早熟な少女。その怒りと哀しみと性を淡々と綴り、アダルトチルドレンの先駆けとなった自伝的小説。
  • タイトル 明智光秀
    著者名 早乙女貢
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 二〇二〇年NHK大河ドラマをより愉しむために
    明智光秀は山崎の戦いで討ち死にはせず生き延び身分を替えて家康の側近として暗躍し、豊臣を滅ぼし天下奪取を実現させたのであった。
  • タイトル 透き通った風が吹いて
    著者名 あさのあつこ
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 故郷・美作を舞台に書かれた、心が澄み渡る青春小説
    高三の渓哉は野球部を引退、将来も見えずに空っぽの日々を送っていた。ある日道に迷っていた里香という女性を案内することになるが。
  • タイトル 汚れちまった道 上
    著者名 内田康夫
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 萩・防府・長門。浅見光彦が山口を奔る!
    山陰の小京都・萩で失踪した地方紙記者の謎の言葉を追う浅見光彦の前に、新たな殺人が。親友・松田とともに“山口の闇”を探る!
  • タイトル 汚れちまった道 下
    著者名 内田康夫
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 萩・防府・長門。浅見光彦が山口を奔る!
    山陰の小京都・萩で失踪した地方紙記者の謎の言葉を追う浅見光彦の前に、新たな殺人が。親友・松田とともに“山口の闇”を探る!
  • タイトル ミスター・メルセデス 上
    著者名 スティーヴン・キング 白石朗
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 米最高のミステリー賞エドガー賞を受賞した巨匠の傑作
    車を暴走させて大量殺人を犯して消えた男を追う退職刑事の執念の追跡。各ミステリーランキング上位を独占した傑作。海外ドラマ化。
  • タイトル ミスター・メルセデス 下
    著者名 スティーヴン・キング 白石朗
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 米最高のミステリー賞エドガー賞を受賞した巨匠の傑作
    車を暴走させて大量殺人を犯して消えた男を追う退職刑事の執念の追跡。各ミステリーランキング上位を独占した傑作。海外ドラマ化。
  • タイトル 防諜捜査
    著者名 今野敏
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 国益とプライドをかけた防諜戦争の行方は…?
    ロシア人ホステスの轢死事件が発生。事件はロシア人の殺し屋による暗殺だという日本人の証言者が現れた。倉島は暗殺者の行方を追う!
  • タイトル ラストライン
    著者名 堂場瞬一
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 週刊文春連載で話題に。警察小説の新シリーズ始動!
    定年まで十年のベテラン刑事岩倉剛は捜査一課から異動した南大田署で独居老人の殺人事件に遭遇。さらに新聞記者の自殺も発生し――。
  • タイトル 希望荘
    著者名 宮部みゆき
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 『誰か』『名もなき毒』『ペテロの葬列』に続く大人気シリーズ第四弾
    離婚した杉村三郎は私立探偵事務所を設立。ある日、亡き父が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽についての調査依頼が。
  • タイトル 四人組がいた。
    著者名 髙村薫
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 著者、初めてのユーモア小説に挑戦!
    村の老人四人組の元には不思議な来客ばかり。奇妙な味わいとおかしみが溢れ、「日本の偉大な田舎」から今を風刺するユーモア小説。
  • タイトル 世界を売った男
    著者名 陳浩基 玉田誠
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 六年間の記憶を喪った男が真相を追い香港を駆ける
    目が覚めると六年後! 事件を追う刑事に何が起こったのか?「13・67」でミステリ界を席巻した香港の気鋭、衝撃のデビュー作。
  • タイトル 愛の顚末
    著者名 梯久美子
    発売日 2018/11/09
    作品紹介 『狂うひと――「死の棘」の妻・島尾ミホ』に続く文学史
    秘められた恋、ストーカー的熱情、夫婦の愛憎――小林多喜二、三浦綾子、中島敦、原民喜、中城ふみ子、寺田寅彦ら十二の作家の物語。