本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
没後3年。パッパラパアと生きているアガワの夢に、父・阿川弘之があらわれた!

没後3年。パッパラパアと生きているアガワの夢に、父・阿川弘之があらわれた!

文:倉本 聰 (脚本家)

『強父論』(阿川佐和子 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #ノンフィクション

『強父論』(阿川佐和子 著)

 暴君ネロが君臨してそれに従う一見柔順な妻と姫がいる。女二人はネロと全く性格がちがう。娘はむしろ母の血を引いており、いかにも柔順を粧ってはいるが、内心の程は傍目には判らない。このネロと妻、ネロと娘という全く異元素の生物たちが日々相対して化学反応を起こす。その化学反応の情況が、何とも面白いドラマを生むのである。

 かつて一度だけこの家族をモデルにして、ネロ的やくざの親分と柔順な妻女というホームドラマを企画したことがあった。親分が若山富三郎。美くしい夫人が八千草薫さん、娘が若かりし大竹しのぶ。ポシャった。無念だった。しかし大先生の原作私小説を脚色した時は、大体ネロは芦田伸介、奥様は八千草薫が演じた。佐和子姫はこれらに登場していない。佐和子姫はその頃まだ全く目立たない、静かにして奥床かしい娘さんだった。

 

 姫が突然テレビに出たり、物を書き出したりして世に出た時は、腰を抜かさんばかりにおどろいた。これまで猫をかぶっていたお化けが、突然外衣をかなぐり捨てその正体を見せたと思った。

 大先生はどう思っておられるかと、ある日恐る恐る電話をしたら、老境に入りかけておられたかつてのネロは、一寸淋し気に電話口で笑われ、「近頃はサワコのお父様と云われてねぇ」と力なく溜息をつかれただけだった。ネロの哀しみを僕は感じた。

文春文庫
強父論
阿川佐和子

定価:715円(税込)発売日:2018年12月04日

プレゼント
  • 『池田大作と創価学会』小川寛大・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/16~2024/2/23
    賞品 『池田大作と創価学会』小川寛大・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

提携メディア

ページの先頭へ戻る