書評

人は食べている時にスキが出来る。共感も驚きもいっぱい!不思議なごはん本

文: 本上まなみ (女優・エッセイスト)

『君がいない夜のごはん』(穂村 弘 著)

『君がいない夜のごはん』(穂村 弘 著)

「わあ、生ハムメロン」「ほう、ヴィシソワーズ」「え、ウィンナーシュニッツェルってなんだ?」「ファルファッレ、ポルチーニ、バルサミコ酢!」「フォアグラやトリュフやキャビア!」……

 あの料理この料理を思い浮かべてうっとり、食べたいなあ……よだれがちゅるー、はっいかん……なんて本ではありませんでした。

 読み進んでも、いっこうに私のお腹はぐーと鳴らない。右記の単語は確かに出てくるのに。けれどどんどんページをめくってしまう。

 不思議なごはん本です。

《私には自分の鼻や舌に全く自信がないのだ》

 なんて、穂村さんは冒頭から威張って(あわてて?)宣言しています。美食家でも大食漢でもない著者の、限りなく個性的(というか相当にへんてこ)な食生活の記です。

君がいない夜のごはん穂村 弘

定価:本体740円+税発売日:2019年02月08日


 こちらもおすすめ
インタビューほか歌人とイラストの奇跡のコラボ『にょにょにょっ記』文庫化記念 穂村弘 × 名久井直子(2018.09.20)
書評フジモトマサル⇔穂村弘 往復質問状(2015.09.22)
インタビューほか『にょっ記』座談会 feat. 長嶋有 穂村弘(歌人)×フジモトマサル(イラストレーター)×名久井直子(デザイナー)×長嶋有(作家)(2006.03.20)