本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
人は食べている時にスキが出来る。共感も驚きもいっぱい!不思議なごはん本

人は食べている時にスキが出来る。共感も驚きもいっぱい!不思議なごはん本

文:本上まなみ (女優・エッセイスト)

『君がいない夜のごはん』(穂村 弘 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #随筆・エッセイ

『君がいない夜のごはん』(穂村 弘 著)

 豪快そうなキャラクターのあの方、意外と上品にお箸を使うのね。端正な顔立ちの人だけど、食べ方は意外と子どもっぽいのね、なんて新鮮な発見が楽しい。コメントも「甘い」「やわらかい」「おいしい」は普通だけれど、それ以外の、おもしろい表現、言葉が出てきたとき、はっとさせられます。魅せられてしまう。実際にその方にお会いしたことがなくても、内から出てきた正直な言葉、重ねてきた体験が、その人となりを立体的に見せてくれるのです。

 人は食べているときにスキができる。私はそういう人間らしいふるまい、仕草を見るのが大好物であり、だからこの穂村さんの、言ってみればスキだらけの本にとても惹かれるのでしょう。

 身近な場面で考えてみても、人が誰かと「食事でも」と言って会うのは、いっしょにおいしいものを食べて、貴重な時間を共有して、お互いをもっと知り合いましょうということですよね。デートのお食事はその最たるものでしょう。

 ずっと昔ですが、私、こんな短歌をつくって、穂村さんに△をつけてもらったことがあるんですよ。

「これまでに三たび食事を共にして大根サラダが好みとわかる」(……へっぽこですみません)

文春文庫
君がいない夜のごはん
穂村弘

定価:814円(税込)発売日:2019年02月08日

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る