特集

澤田瞳子さんが選ぶ10冊【猫小説傑作選】

文: 澤田 瞳子

表紙にもいろんな表情の猫がたくさん

澤田瞳子さんが選ぶ10冊【猫小説傑作選】

猫をこよなく愛する作家が出会ったかけがえのない猫と飼い主たちとの物語。

<<#1よりつづく

猫小説リスト

 

柳広司『漱石先生の事件簿』

柳広司『漱石先生の事件簿』

 日本で一番有名な猫小説は?と問われれば、十人中九人までが夏目漱石の『吾輩は猫である』を挙げるだろう。本作はそんな『吾輩~』の世界を舞台に、原典の主人公―いや主猫公「吾輩」の飼い主・苦沙弥先生の書生である「僕」が、数々のに挑む連作ミステリ。原典の数々の名セリフと地の文がそこここにちりばめられるばかりか、「吾輩」猫の日々の姿が、「僕」によって観察されているのも、原典ファンには嬉しい限りだ。

 ところで原典では、名無しの猫が物語世界を案内してくれたが、本作では名無しの書生がその役割を担う。つまり本作の主人公「僕」はまさに原典の「吾輩」が擬人化された存在。このため我々は、原典と本作、双方に接することで、かつて猫が眺めた『吾輩は猫である』の世界を、重層的に味わい得るのである。

 

柴田よしき「猫探偵正太郎」シリーズ

柴田よしき「猫探偵正太郎」シリーズ

 猫とミステリは相性がいい。アキフ・ピリンチの『猫たちの聖夜』の雄猫フランシス、リリアン・J・ブラウンの「シャム猫」シリーズのココ、赤川次郎の「三毛猫ホームズ」シリーズのホームズなど、しなやかで好奇心旺盛な猫ほど、解きにぴったりの生き物は世の中にそうそういない。

 本作はそんな猫ミステリの正統派とも呼ぶべき、コージーミステリ。推理作家・桜川ひとみの飼い猫である黒猫・正太郎が、幼なじみのチャウチャウ系の雑種犬・サスケや憧れの美猫トマシーナを始めとするユニークなキャラクターとともに、様々なに挑む連作である。

 陽気で、観察眼に優れた正太郎と、天才的ひらめきを有しつつもどこか間が抜けた桜川ひとみは、読んでいるこちらが思わずくすりと笑ってしまうほどの凸凹コンビ。飼い主に振り回されつつも、持ち前の好奇心で小さなの欠片を拾い集める正太郎の姿を見ていると、もしかしたら街角のあの猫もこの猫も、我々が気づかない日常のを日々懸命に解き明かしているのでは……と想像してしまう。

猫は仕事人高橋由太

定価:本体610円+税発売日:2014年11月07日


 こちらもおすすめ
特集猫と本を巡る旅──オールタイム猫小説傑作選(2019.02.22)
特集猫を愛した文士たち(2019.02.22)
インタビューほか家を買って猫を飼ったら、もう結婚できない!?   小手鞠るいインタビュー『瞳のなかの幸福』(2019.02.15)
インタビューほか奇想の画人の知られざる半生(2015.05.20)
書評奇想の絵師の生涯を描く(2015.06.01)
書評人の心の美しさを現代に問う小説世界(2016.07.13)