特集

澤田瞳子さんが選ぶ10冊【猫小説傑作選】

文: 澤田 瞳子

表紙にもいろんな表情の猫がたくさん

猫をこよなく愛する作家が出会ったかけがえのない猫と飼い主たちとの物語。

重松清『ブランケット・キャッツ』

重松清『ブランケット・キャッツ』

 世の中には昨今、家電製品や本はもちろん、家族やおっさんまで、様々な品を貸してくれるサービスがあるが、本作に登場するのは、毛布とともに二泊三日間、貸し出される「ブランケット・キャット」。子どもの出来ない夫婦、出来心から会社の金に手をつけた女性社員……様々な苦しみに直面した人々は、物言わぬ猫とのほんのわずかな触れ合いによって、一筋の救済の道を見出す。

 人とは厄介なもので、他人にはなかなか心の奥底を見せられない。しかししなやかな身体と大きな瞳を持つ猫たちは、そんな複雑で寂しい心の底を、無言のうちにたやすく覗きこんでしまう。

 幼い頃から毛布と一緒に貸し出され、名も与えられず、多くの人々を見つめてきたブランケット・キャッツ。本書を読み終えたとき、それがまるで寂しい人々の元に舞い降りた天使のようだと思うのは、私だけではなかろう。

 

沼田まほかる『猫鳴り』

沼田まほかる『猫鳴り』

 正直なところ、本作は猫好きからすれば、いささか辛い描写が多い。怪我をした子猫を、幾度も幾度も捨て続ける妻を描く第一部。孤独の中であがく少年と、彼の小さな飼い猫を描いた第二部。年老い、死を間近にした猫を見守る老人を描く第三部。そこに共通して満ちるのは、猫という小さくも確実に存在する一つの命に、全身全霊で向き合う人間の姿であり、人の営為とは無関係に己の生を全うしようとする猫の痛々しいまでの生命である。

 その乾いた筆致は一見、不気味さすら孕んでいる。だが読み進める間に読者は、そこにはすべての生き物が根源的に抱く狂おしいまでの生への渇望と、日常の中に間違いなく潜んでいる死の影が、不思議な生命讚歌として描き出されていることに気づくだろう。

「猫鳴り」とは猫が喜んで喉を鳴らす音。本来、猫好きが目を細めるその音が、これほど切なく胸に迫る物語を、私は知らない。

小松左京『猫の首』

小松左京『猫の首』

 まず最初に、お断りしておこう。この短編は前述の『猫鳴り』以上に、猫好きには許し難いであろう物語である。夫婦と幼い娘の三人暮らしという、ごく平凡な一家。ある朝、その家の門柱に子猫の首が置かれる。「なんてことを! 猟奇殺人の前触れか?」と腹を立てながらページをめくる読者を置き去りに進む物語は、稀代のSF作家・小松左京ならではの疾走感に満ちている。

 本作の主人公がなぜ、「たかが」猫のせいで振り回され、大変な目に遭わされるかはここで述べるわけにはいかない。だが私はこの物語を読むたび、猫ゆえに苦難のただなかに突き進んでしまう主人公に著しい共感を抱いてしまう。そう、猫好きとはどんな時代になっても、猫を庇わずにはいられないひたむきな存在。いわば本作の主人公は今、猫を膝にこの小文を読んでいる読者一人一人の「もしかしたら」の姿なのである。

猫は仕事人高橋由太

定価:本体610円+税発売日:2014年11月07日


 こちらもおすすめ
特集猫と本を巡る旅──オールタイム猫小説傑作選(2019.02.22)
特集猫を愛した文士たち(2019.02.22)
インタビューほか家を買って猫を飼ったら、もう結婚できない!?   小手鞠るいインタビュー『瞳のなかの幸福』(2019.02.15)
インタビューほか奇想の画人の知られざる半生(2015.05.20)
書評奇想の絵師の生涯を描く(2015.06.01)
書評人の心の美しさを現代に問う小説世界(2016.07.13)