書評

「食べたい」気持が湧いてくる薬の1冊。“焦熱地獄グラタン”に挑戦してみたら…

文: たかぎなおこ (イラストレーター)

『シウマイの丸かじり』(東海林さだお 著)

『シウマイの丸かじり』(東海林さだお 著)

 初めての方も多いと思いますので、まずはご挨拶させていただきます。

 はじめまして、たかぎなおこと申します。

 漫画とエッセイを融合させた「コミックエッセイ」というジャンルで仕事をしておりまして、今年でデビュー16年になります。

 自分の身長の低さ(150㎝です)について思うことや、約16年続いたひとり暮らし生活での悲喜こもごも、はたまた旅に出てみた話やフルマラソンにチャレンジしてみた話など、自分の身の回りの出来事を題材にした本を主に出してます。

 その中には食べ物についての話もよく出てくることもあり、今回こちらの解説のご依頼をいただきました。

 

 私なんぞから見たら東海林さだおさんは大先輩というのもおこがましいくらい、キャリアも才能も知名度も上の上の方で、そんな! 私が解説だなんてとんでもないですよ! と思ったのですが、せっかくいただいたお話だし、こんなご縁ももうないかもしれないとも思いまして、勇気を振り絞ってお引き受けさせていただくことにしました。

 なにぶん不慣れなもので、なにか失礼な点や意味不明な点がありましたらすみません。

 どうぞよろしくお願いいたします。ぺこぺこ~。

シウマイの丸かじり東海林さだお

定価:本体670円+税発売日:2019年04月10日


 こちらもおすすめ
書評丸かじりシリーズのアンコだけ食い、いいのか (2018.01.31)
書評公私混同はヨロシクないが……(2017.08.16)
書評〈丸かじり〉につまった好奇心と深い思考。生き生きとした「日本」が浮かび上がる。(2016.12.23)
書評「レバ刺し」と聞いて蘇るショージさんの一言。超・満腹まちがいなしの大人気エッセイ!(2016.06.22)
書評ややゆがんだ一文になってしまったのには、理由がある。(2016.01.11)