書評

すべては40年前のアメリカ留学から始まった。総理と夫人と、学園経営者の奇妙な関係。

文: 石井妙子 (ノンフィクション作家)

『悪だくみ 「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』(森功 著)

『悪だくみ 「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』(森功 著)

 日本国内での学生不足による赤字を補填(ほてん)するため、海外、それも発展途上国へと触手を伸ばしていく。それを日本の首相夫妻も積極的に後押しする。何よりも気になるのは留学生のその後だ。日本に赴く若者たちの夢や目的は叶えられるのか、それとも踏みにじられてしまうのか。中には多額の借金をして学費を工面した学生もいるであろう。あるいは大学には初めから期待せず、日本に入国するための手段として、学生ビザを取ることだけを目的に入学する若者もいる。そうした出稼ぎ目的の留学生たちは、入学後、大学から姿を消して、日本国内で行方不明者となる。それを承知で留学生を集めるような大学、それを許す教育行政を今、日本は推し進めているのである。

 補助金を得て過疎地に大学を新設し、留学生を求めて海外にも進出した。しかし、それでも定員割れは解消できず、赤字が続いた加計学園は次の手を求める。

 それが、獣医学部の新設であった。

 獣医学部は「儲かる学部」と教育業界では言われている。人気漫画の影響で志望者は多く、六年制で学費を高く設定できるからだ。しかし、獣医師が増えすぎて過当競争となることを避けるために、「教育の自由化」以降も、医学部、歯学部などとならんで獣医学部は規制の対象となっており、新設は不可能とされてきた。

悪だくみ森功

定価:本体750円+税発売日:2019年06月06日


 こちらもおすすめ
ニュース【速報】第2回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞に森功さん『悪だくみ』が選ばれました。(2018.05.09)
特集【冒頭立ち読み】第2回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞 受賞! 『悪だくみ』(2018.05.09)
書評事件の主役たちの知られざる素顔(2014.01.06)
書評裏金王に肉迫する大胆さ(2011.03.20)