特集

シベリアに1000人近い日本女性が抑留されていた!

文: 小柳ちひろ

数々の賞を受賞した「NHK BS1スペシャル」の話題作がついに書籍化

シベリアに1000人近い日本女性が抑留されていた!

1947年夏、舞鶴港に到着した直後の女性抑留者たち

従軍看護婦、電話交換手、民間人、受刑者……70年の沈黙を破って彼女たちが初めて語ったシベリア抑留、もう一つの歴史


『女たちのシベリア抑留』(小柳ちひろ 著)

女性のシベリア抑留

「シベリアに女の人もいたんですか? 初めて聞きました」

「いや、シベリアに女はいないはずですよ」

 一九四五年八月、日本の敗戦後、旧満州などから関東軍兵士らおよそ六〇万人がソ連やモンゴルの収容所に送られ、強制労働に従事させられた、いわゆる「シベリア抑留」。その中に数百人の女性もいたという。

 かつてシベリアに抑留された元兵士たちに、女性たちについて知っているか尋ねてみると、たいていの人が怪訝そうな顔をした。

 だが中には抑留された女性について、わずかに見聞きしている人もいた。

 細谷弘治さんは、満州国の首都新京(現在の長春)にあった満州国軍軍官学校に在籍中、終戦を迎え、シベリアに抑留された。一七歳だった。満州国軍とは、満州国の建国とともに創設された軍隊で、“五族協和”を標榜し、漢族・満州族・朝鮮族・蒙古族で編成されていた。日本人は、軍官学校を卒業した各民族の将校(軍官)とともに指揮官として従軍した。韓国の朴正煕元大統領も軍官学校の同窓の一人である。

 細谷さんたち軍官学校の第七期生、三七五人のうち三一六人が抑留され、そのうち八六人が亡くなった。

女たちのシベリア抑留小柳ちひろ

発売日:2019年12月13日


 こちらもおすすめ
書評令和初となる「終戦の日」に、小説『昭和天皇の声』を通じて歴史を振り返る。(2019.08.13)
書評真珠湾攻撃75周年。祖国の命運を担って零戦で飛んだ男たちの肉声!(2017.01.08)
書評クレと桜子の苦難の道のりに、台湾のわが家族の運命を重ねて(2017.01.07)
書評昭和史の中の悪の構造をあぶり出す(2016.05.22)