インタビューほか

安倍政権を倒せるのは、もはやこの男しかいない

常井 健一

中村喜四郎──25年の沈黙を破って伝説の男がついにすべてを語った!

『無敗の男 中村喜四郎 全告白』(常井 健一 著)

 朝の乗降客でごった返すJR東京駅の二十三番ホームに、やわらかな春風が吹き込んできた。小泉純一郎はロマンスグレーのライオンヘアーをなびかせながら、プラットホームの端を歩き、グリーン車乗り場のところで足を止めた。

 その時である。

 人ごみの向こうに、一九八〇年代の刑事ドラマに出てきそうな「昭和の二枚目」がいた。平成ニッポンの風景にいまいち溶け込めていない風貌の男は、だんだんとこちらに近づいてきた。

 私はその様子を小泉の背後から見ていた。

 二〇一八年五月二十三日朝十時過ぎのことである。

 当時、私は小泉の三十六年七か月にわたる政治遍歴を聞き書きした回想録を出版したばかりで、彼の講演先まで行動をともにする機会が頻繁にあった。

 私は男を指差しながら、小泉の耳元で囁いた。

「先生、あちら」

 すると小泉は何も言わずに、列から飛び出した。そして、人ごみの隙間からその男目がけて言葉を投げた。

「お。中村さん。久しぶり」

 男はこう返す。

「これから魚沼まで、小泉さんの講演を聴きに行くんです」

「そうかー。茨城に帰るんじゃないのかー。あんたのこと、『選挙に一番強い男だ』って、本に書いたばかりなんだ」

 小泉は人目も憚らず、大声を上げて喜んだ。

 そこに上越新幹線Maxとき315号が滑り込んできたが、二人は見つめ合い、お互いの手を握りしめていた。

 乗降客の中には新聞記者の姿はなかったものの、とっさにスマホを取り出し、写真を撮る者は少なくなかった。ただし、被写体は小泉一人だけ。隣の「昭和の二枚目」が何者であるかを知る者はいない。

 小泉のお付きの者でさえ首を傾げていた。

「あの人、どなたでしたっけ?」

 そばで眺める私に、そう耳打ちしてくる。

「中村喜四郎さんですよ」

 そう返しても、リアクションは薄かった。

 それも無理はない。

 ナカムラキシロウ。

 この響きだけでピンとくるのは、今やかなりの政治通に違いない。

無敗の男常井健一

定価:本体1,900円+税発売日:2019年12月16日

小泉純一郎独白常井健一

定価:本体1,000円+税発売日:2016年02月25日


 こちらもおすすめ
インタビューほか安倍政権、進次郎、原発……小泉純一郎がすべてに答えたインタビュー決定版!(2016.02.19)