インタビューほか

安倍政権を倒せるのは、もはやこの男しかいない

常井 健一

中村喜四郎──25年の沈黙を破って伝説の男がついにすべてを語った!

 新潟の敗北から一年あまりが過ぎた二〇一九年八月十七日、中村は埼玉県さいたま市の大宮駅前でマイクを握っていた。八日に告示された埼玉県知事選は新人二人による事実上の一騎打ちとなり、与野党対決の様相を呈していた。

 その選挙戦中盤、中村は野党が推す新人候補の街頭演説会に駆け付けた。立憲民主党代表の枝野幸男、国民民主党代表の玉木雄一郎、当時の県知事である上田清司が並び立つ街宣車の上で、一人、「元建設大臣」という四半世紀も前の肩書きで紹介されたのである。

令和元年8月、埼玉県知事選で野党党首と並んで

「埼玉県の現状を私も勉強して参りました」

 中村は、青いワイシャツの袖を肘のところまでまくり上げた姿で演説を続けた。

「埼玉県内の企業者数は九万三千百人、全国で三番目に数が多いところであります。卸売業者の利益率は全国四番目、人口増加率は四番目、生産人口五番目、人口密度五番目、そしてお医者さんの増加率五番目、財政力五番目。上田県政十六年間にこの実績で、埼玉県の今日を変えたと思います。増えた企業件数は千五十四件、新たな雇用は三十三万八千人増えた。埼玉県民、七百三十三万六千人、全国で五番目。今年の一般会計予算一兆八千六百五十四千万円。そして公務員の数は五万九千三百六十一人、県会の三分の一、じつに五十人が自民党であります」

 土曜日の正午前だった。炎天下にもかかわらず二千人の聴衆が、初めて耳にするバナナの叩き売りのような口上に聞き入った。その動画はネット上にも上がり、政界関係者たちは数十年も表舞台に立つことを避けてきた男の雄弁ぶりに驚いた。

 八月二十五日、中村が応援した野党系の新人候補は薄氷の勝利を収めた。

無敗の男常井健一

定価:本体1,900円+税発売日:2019年12月16日

小泉純一郎独白常井健一

定価:本体1,000円+税発売日:2016年02月25日


 こちらもおすすめ
インタビューほか安倍政権、進次郎、原発……小泉純一郎がすべてに答えたインタビュー決定版!(2016.02.19)