本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【速報】第7回「高校生直木賞」受賞作決定!

【速報】第7回「高校生直木賞」受賞作決定!

文:「オール讀物」編集部

高校生たちが選ぶ「今年の1冊」――栄冠はこの作品


ジャンル : #小説

2020年8月23日(日)、オンラインにて開催された第7回高校生直木賞に大島真寿美さんの『渦 妹背山婦女庭訓魂結び』が選ばれました。

高校生直木賞は、フランスの「高校生ゴンクール賞」をモデルに2014年にスタート。全国の高校生たちが集まり、激論をたたかわせて「今年の1作」を選ぶ。一昨年より文部科学省の後援を受け、第7回を迎える今年は過去最多の32校が参加。

候補作は、第161回、第162回の直木三十五賞候補計11作の中から、高校生直木賞実行委員会が5作を選出しました。

第7回「高校生直木賞」候補作

 朝倉かすみ『平場の月』(光文社)
 大島真寿美『渦 妹背山婦女庭訓魂結び』(文藝春秋)
 小川哲『嘘と正典』(早川書房)
 川越宗一『熱源』(文藝春秋)
 窪美澄『トリニティ』(新潮社)

妹背山婦女庭訓 魂結び
大島真寿美

定価:本体1,850円+税発売日:2019年03月11日

ページの先頭へ戻る