インタビューほか

人と人の心の糸は一度切れても、再び繋がる──盛岡「ホームスパン」をめぐる親子三代の物語

第二文藝部

『雲を紡ぐ』(伊吹 有喜)

糸は切れても繋がる。人と人も再び繋がることができる

蟻川工房に並べられた色鮮やかなホームスパンの糸は、見る人の心をときめかせてくれる

 本作で重要な存在となるのが、盛岡に伝わる伝統工芸ホームスパンである。

 明治時代にイギリスから伝わった毛織物で、羊毛をすべて手仕事で染め、紡ぎ、織りあげて作られる。本場のイギリスでも継承が途絶えているなかで、盛岡では「定年後にホームスパンの上着を贈られる風習」があり、男のおしゃれ着として愛されていた。

 美緒は、学校や家庭で辛いことがあったときに、祖父母からもらったホームスパンにくるまっていたからこそ、そのあたたかさを知っていた。盛岡で初めて、祖父の工房を見たときに「光を染め、風を織る」布の魅力にとりつかれたのだった。

 自分でショールを織ることになった美緒は、祖父からこう聞かれる。

”まずは『自分の色』をひとつ選んでみろ。美緒が好きな色、美緒を表す色。託す願いは何だ?”

「美緒と同じように、ホームスパンに惹かれた私も、糸紡ぎを体験してみました。
 羊毛の糸は切れやすいため、やさしくやさしく作業をするのですが、私が不器用なせいもあって、何度も糸を切ってしまうんです。そのときに、指導してくれた先生が『大丈夫よ。切れても繋がるから』と言ってくれたことが印象的でした。
 これは人と人との関係に似ているなぁと思ったんです。一度切れてしまっても、右の糸と、左の糸を繋いで、撚りをかければ、また繋がることができる。
たとえ長い年月をへだてていても、繋がろうという意志さえ互いにあれば、心の糸も再び繋がると感じたのです。
 ホームスパンは時を越え、世代を超えて、持ち主の身を彩り、ぬくもりを伝える布。
優しく紡がれた糸で織られたホームスパンだからこそ、あたたかく人を包んでくれるのでしょう」


いぶきゆき 三重県生まれ。二〇〇八年『風待ちのひと』でポプラ社小説大賞特別賞を受賞しデビュー。『四十九日のレシピ』『ミッドナイト・バス』は映画化され、注目を集めた。主な著書に『カンパニー』『なでし子物語』『BAR追分』『彼方の友へ』など。

雲を紡ぐ伊吹有喜

定価:本体1,750円+税発売日:2020年01月23日

ミッドナイト・バス伊吹有喜

定価:本体880円+税発売日:2016年08月04日


 こちらもおすすめ
特集『雲を紡ぐ』に全国から感動、共感の声が続々届いています!(2020.01.31)
インタビューほか人と人の心の糸は一度切れても、再び繋がる──盛岡「ホームスパン」をめぐる親子三代の物語(2020.01.23)