本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
小さな案内人が誘う「異世界」へ――作者による“おかしな”解説の試み

小さな案内人が誘う「異世界」へ――作者による“おかしな”解説の試み

吉田 篤弘

『ガリヴァーの帽子』(吉田 篤弘)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『ガリヴァーの帽子』(吉田 篤弘)

 今回、文庫化にあたって、ひさしぶりに読みなおし、とりわけ不可解なものが抽出されていると思われる「ガリヴァーの帽子」、「御両人、鰻川下り」、「孔雀パイ」の三編には、いずれも、異世界とこちら側をつなぐ案内人がいることに気がつきました。

「ガリヴァーの帽子」におけるテントン。「御両人、鰻川下り」の番頭。「孔雀パイ」における冠者。この三名は、いずれも小さな存在であり、テントンのような体つきの小ささに限らず、番頭はときに黒子と化して舞台から姿を消し、冠者にいたっては、絵画の中から出てきたばかりという事情も手伝って、少年であると同時に、その体の厚みが紙のように薄っぺらいのです。

 こうした希薄なものたちが、何かと何かの隙間からいつのまにかこちらに姿をあらわし、それで、彼らは自らのフィールドに──すなわち異世界に──こちら側の主人公たちを誘うのかというと、そうでもありません。

 どちらかというと、彼らはこちら側の世界の──現実の世界と云えばいいのでしょうか──の不可解さを嘆き、自らの不可解さを棚に上げて、「本当に得体が知れなくて、理解しがたいのは君たちの方である」と云わんばかりです。

 これは、これら三編に次いでおかしな作品である「かくかく、しかじか」において極まり、全編にわたって、こちら側の不条理と滑稽さが、小さな存在──シャンパンの泡です──によって語られています。

文春文庫
ガリヴァーの帽子
吉田篤弘

定価:770円(税込)発売日:2020年03月10日

プレゼント
  • 『固結び』山本一力・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/01/27~2023/02/03
    賞品 『固結び』山本一力・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る