インタビューほか

小さな案内人が誘う「異世界」へ――作者による“おかしな”解説の試み

吉田 篤弘

『ガリヴァーの帽子』(吉田 篤弘)

『ガリヴァーの帽子』(吉田 篤弘)

 この短編集──短編ではなく、あきらかな掌編もありますが──には、いくつかのおかしな作品が含まれています。「おかしな」の意味には、さまざまな要素があり、ここで云う「おかしな」は、不可解なもの、ともすれば、まるで意味のないものを指しています。自分で書いておいて、こうしたことを云うのも、それこそおかしな話ですが、自分にも理解しがたいところがあり、それを「解説」の名のもとに無理に説明しようとすると、より、おかしなことになってしまうような気がします。

 というより、小説というのは、そうした説明しがたいものを孕んでいるべきだと、どこか、そう思っています。

 説明できないがゆえに、説明文ではなく小説というスタイルをとっているわけで、要約して説明できるのであれば、もとより小説など書く必要もありません。

 小説を書くことによって、自分の中から這い出てきた得体の知れないものと出会いたいのです。そいつを、どうにかして言葉でつかまえたい。つかまえて、自分なりの観察を記したい。

 いま、「自分の中から」と書きましたが、この「自分」は、云うまでもなく「世界」や「社会」などと呼ばれているものが関与した「自分」であると思われます。つまりは、「自分」なる媒介物を通して、この世界の中にある得体の知れないもの──不可解なもの──を抽出しているのです。

ガリヴァーの帽子吉田篤弘

定価:本体700円+税発売日:2020年03月10日


 こちらもおすすめ
インタビューほか<唯川恵インタビュー>猫に癒される“ほっこり”短編集(2020.01.06)
インタビューほか女ともだちと語らう最高の時間 千早茜×新井見枝香 対談(2019.06.13)
書評まるで我が事のようにハラハラしながら読む「中年の危機」(2018.10.31)
書評モダンアートの聖地MoMAを舞台に多様なテーマを描き出す佳麗なる短篇集(2018.05.01)