インタビューほか

<安部龍太郎インタビュー>戦国時代を知るためには、新たな歴史観が必要だ!

第二文藝部 

作家生活30周年記念作品『海の十字架』(安部 龍太郎)

 作家生活30年を迎えた直木賞作家・安部龍太郎さんが、「その節目にふさわしい一冊になった」と語る短編集が『海の十字架』だ。独自の史観で戦国武将を描いた今作の魅力に迫る。


戦国時代を読み解くキーワードは『銀と鉄砲とキリスト教』 

『海の十字架』(安部 龍太郎)

「『信長燃ゆ』を書いたのは2001年でした。そのころから、日本の戦国史観はおかしい、と言い続けてきたんです。

 戦国時代を考えるときに、江戸時代に作られた従来の歴史観だけで考えていては、真実は見えてこない。

 この頃の世界は、大航海時代真っ盛り。『銀と鉄砲とキリスト教』というキーワードを念頭にいれながら、当時の戦国武将はどう生き抜いたか、という視点が必要なんです」

 今作で登場するのは、日本初のキリシタン大名・大村純忠、畿内を支配した三好長慶、若き日の上杉謙信(長尾景虎)などで、織田信長や豊臣秀吉のように天下を取った武将ではない。

 いわゆる普通の戦国武将たちが、米作り中心の農本主義から、重商主義へと劇的に変化する「経済状況」に、どう立ち向かっていったのかが描かれている。

海の十字架安部龍太郎

定価:本体1,400円+税発売日:2020年02月17日

おんなの城安部龍太郎

定価:本体700円+税発売日:2018年12月04日

姫神安部龍太郎

定価:本体670円+税発売日:2018年08月03日

等伯 上安部龍太郎

定価:本体700円+税発売日:2015年09月02日

等伯 下安部龍太郎

定価:本体700円+税発売日:2015年09月02日

合戦の日本史安部龍太郎 伊東潤 佐藤賢一 葉室麟 山本兼一

定価:本体650円+税発売日:2017年07月06日


 こちらもおすすめ
インタビューほか井伊直虎ほか、戦国時代に家の存続をかけて戦った三人の女たちを描く(2016.10.12)
インタビューほか遣隋使を壮大に描く海洋歴史小説(2015.09.16)
書評天才絵師の生涯を骨太に描き、直木賞を受賞した安部文学の金字塔(前)(2015.09.06)
書評天才絵師の生涯を骨太に描き、直木賞を受賞した安部文学の金字塔(後)(2015.09.07)