本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
瀬戸内海の美しい景色の中で展開する、体力の限界に挑むレースと誘拐事件

瀬戸内海の美しい景色の中で展開する、体力の限界に挑むレースと誘拐事件

文:林田 順子 (編集者・ライター)

『ランニング・ワイルド』(堂場 瞬一)

出典 : #文庫解説
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『ランニング・ワイルド』(堂場 瞬一)

 なぜなら、何度走っても、やっぱり長いのだ。トップアスリートですら「走っていて、やっぱり長いなって感じることはあります」と言うぐらいだ。その長い道のりのなかで、季節外れの気温や、風雨、コースのアップダウンや微妙な傾斜など、さまざまな要素が選手を悩ませる。以前参加した大会では、春先にもかかわらず、ゲリラ豪雨と雷、雹に見舞われて、散々な目に遭った。

 加えてレースには、「関門」と呼ばれるポイントがあり、それぞれに制限時間が設けられている。ここに時間内にたどり着けなければ、失格。今までの努力が水の泡だ。

 だからレベルを問わず、多くの出走者は、レース前に自分なりの戦略を立てる。レースの入りはどれぐらいのペースで走るか、中間地点でどれだけ体力を温存しておくべきか、どこでスパートをかけるのか。自分の実力を客観視して、最適なレースプランを組み立てる必要がある。

 レースが始まれば、出走者は1kmごとのタイムをチェックして、関門までの残り時間やゴールの予想タイムを計算する。ペースは適切か、体に違和感がないかを確認したりと、意外と忙しいのだ。都市型マラソンともなると、トイレはどこも大行列。タイムロスを最小限に留めるため、行列の長さと尿意を天秤にかけ、今並ぶか、次まで我慢するか、と逡巡する。走らない人からすれば、選手でもないのに、と思うかもしれないが、こっちはなぜか極めて真剣なのである。

ランニング・ワイルド
堂場瞬一

定価:本体750円+税発売日:2020年07月08日

ページの先頭へ戻る