書評

瀬戸内海の美しい景色の中で展開する、体力の限界に挑むレースと誘拐事件

文: 林田 順子 (編集者・ライター)

『ランニング・ワイルド』(堂場 瞬一)

『ランニング・ワイルド』(堂場 瞬一)

 ここからは余談だが、物語のレースは、チーム最年長メンバーの重盛の引退レースでもあった。優勝で華々しく送り出したい。そんなメンバーの思いをよそに、物語は終焉へと向かっていく。けれども、ランナーならきっと思うはずだ。重盛はまたレースに戻ってくるはずだと。

 大会に出ると、レースを完走した喜びも束の間、すぐに頭に浮かぶのは、その日のレース展開だ。あそこで休憩したのは正解だったか、入りのペースは遅すぎたのではないか……ボロボロの体を引きずりながら、今もう一度スタートラインに立つことができたら、もっとうまく走れるのにと、つい思ってしまう。それがランナーの性なのだ。

 だから、これだけの選手がこんなレースで引退するなんて、考えられない。何にも邪魔されずに純粋にレースを楽しんで、自分の競技人生を終える。それこそが、レースを愛する多くの人の夢なのだ。いつかそんな物語をもうひとつ生み出してくれるのではと、つい期待をしてしまうのも仕方ないだろう。

ランニング・ワイルド堂場瞬一

定価:本体750円+税発売日:2020年07月08日


 こちらもおすすめ
インタビューほか堂場瞬一『ラストライン』ドラマ化インタビュー(2020.06.20)
インタビューほか<堂場瞬一インタビュー>五輪に命をかけた伝説のアナウンサーがいた(2020.04.29)
インタビューほか<堂場瞬一インタビュー>自由を奪われた時代だからこそ、仕事とは何かを考えさせられる物語。(2020.04.14)
インタビューほか<堂場瞬一インタビュー> 転勤を志願した同期の死を探る(2019.05.16)
書評アメリカでの取材に同行して感じた、著者の温かくも厳しい“眼”(2018.06.21)