本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
瀬戸内海の美しい景色の中で展開する、体力の限界に挑むレースと誘拐事件

瀬戸内海の美しい景色の中で展開する、体力の限界に挑むレースと誘拐事件

文:林田 順子 (編集者・ライター)

『ランニング・ワイルド』(堂場 瞬一)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『ランニング・ワイルド』(堂場 瞬一)

 そんなぎりぎりの展開の中で、人心地つけるのが、レースの舞台である「とびしま海道」だ。実在するこのルートは、瀬戸内海に浮かぶ七つの島を八つの橋で繋いでいる(八つ目の橋は未完成)。世界的に有名なのは、とびしま海道の東側にある「しまなみ海道」だろう。世界で唯一自転車で海峡が渡れることから、世界中からサイクリストが訪れる、聖地と呼ばれるルートである。それに比べると、とびしま海道は知名度には劣るものの、地元の人からは「裏しまなみ海道」と呼ばれていて、より長閑なこちらの雰囲気を好むサイクリストもいるようだ。

 残念ながら、とびしま海道を走ったことはないのだが、しまなみ海道は取材で一度走ったことがある。当時は、ロードバイクも、ロングライドも初体験だったが、その素晴らしい時間は今でも忘れられない。ノスタルジックな古い街並み、田園地帯で鼻腔をくすぐる柑橘の香り、きつさを忘れさせてくれる海岸線の海風、橋までの急な登り坂を越えると見える絶景、スピードを上げて攻略する橋から島への下り坂……本書に出てくる光景は、しまなみ海道の風景を鮮やかに思い出させてくれる。細部はもちろん違うだろうが、きっと同じような空気が流れているのだろう。

 この本の読者には、どちらかの海道にぜひ一度足を運んで、ロングライドに挑戦してもらいたい。どちらの自転車ルートにも、路側帯と並行してブルーのラインがひかれているので、地図がなくても迷う心配はない。車も人も、驚くほどサイクリストフレンドリーだし、ママチャリに乗った壮年のツーリストも意外と多かったので、初心者でも十分楽しめるはずだ(ただし、ママチャリであのコースを回るのは、辛すぎるのでおすすめしない。むしろあの急坂をママチャリで登れる体力があることに、驚いたぐらいだ)。物語に登場するアドベンチャーレースは架空の大会だが、この二つのルートでは、トレイルランやマラソンなど、さまざまな大会が催されていて、そちらにエントリーするのも楽しいだろう。実際にルートを体感し、それから改めてこの本を読み返すと、レースの模様がまた違った光景に見えてくるはずだ。

文春文庫
ランニング・ワイルド
堂場瞬一

定価:825円(税込)発売日:2020年07月08日

プレゼント
  • 『いけないⅡ』 道尾秀介・著 

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/9/30~2022/10/7
    賞品 『いけないⅡ』 道尾秀介・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る