コラム・エッセイ

コロナという厄災が教えてくれた知恵

海堂 尊

『フィデル出陣 ポーラースター』刊行によせて

 アメリカのトランプ大統領に、「独裁者」と呼ばれた、キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長が亡くなって、4年が過ぎようとしている。

 キューバの英雄チェ・ゲバラと、フィデル・カストロの物語を描き続ける海堂尊さんが、最新刊『フィデル出陣』に寄稿した、エッセイを特別に公開する。


「独裁者が死んだ」とトランプ大統領がツイート

『フィデル出陣 ポーラースター』(海堂 尊)

 人は小さな窓から、自分だけの風景を見る。だから人はまず、自分のことを考える。

 次に、身の回りの家族や友人に目を向ける。

 やがて視野を広げて街、国、世界のことを考え、そうして大人になっていく。

 その思考形式が政治に昇華される。だから政治とは本来、人類への愛になるはずだ。

 本作の主人公、フィデル・カストロはその意味で純粋な政治的人間だ。毀誉褒貶が強い人物で、2016年11月25日に彼が亡くなった時、トランプ米大統領は「独裁者が死んだ」とツイートした。それはいつも彼の無教養な戯言として、世界中から失笑された。

 カストロの地位は、独裁者といわれても否定できないくらい権限が集中していたのは事実だ。

 だがそれはアンチが用いる言辞で、一般市民はそう思っていない。おそらく、彼が自分の言葉に責任を持っていたからだ。そのことはハバナ大学入学からモンカダ兵営襲撃後にメキシコ亡命までの青年時代を描いた本作『フィデル出陣』でも、十分に理解していただけると思う。

 フィデル・カストロの演説は長いことで知られ、国際連合総会の最長演説時間を誇っている。

 だがその言葉は空疎ではなく、常にキューバ国民の実態を掴み、心情に沿っていた。

ハバナ大学で演説する77歳のフィデル・カストロ。

 だから革命広場でフィデルが5時間も6時間も延々と喋り続ける演説を、100万人の市民が集まって聞いたのだ。もちろん彼とて人間なので、しばしば間違えた。キューバ国民はその都度怒り、文句を言い、非難したが、最後は「まあ、フィデルだからなあ」と言って許した。

 フィデルがやることには私心がなく、国民のために猪突猛進しているということを、誰よりもキューバ国民が、よく理解していたからだろう。

 フィデルを知る人からこんな逸話を聞いたことがある。ある日フィデルが最新機械のある医療施設を訪問し、担当の専門医から機械の説明を受けた。だが多忙な最高指導者は途中で切り上げ、次の現場へ向かった。数ヶ月後、再び彼がその施設を見学した。するとフィデルは担当者に、前回説明したところまで自分で要約し、説明書を自分で読んで更に理解を深め、最新機械の利点と問題点について説明を求め、あまつさえ改善方法にまで言及したという。

フィデル出陣海堂尊

定価:本体2,200円+税発売日:2020年07月29日

フィデル誕生海堂尊

定価:本体870円+税発売日:2019年04月10日


 こちらもおすすめ
書評ラテンアメリカとキューバ革命の壮大な叙事詩に仕掛けられた華麗なトリック(2019.03.26)
インタビューほか鶴田真由×海堂尊 「ゲバラは旅で成長した」(2016.07.07)
インタビューほかゲバラの決定版を書こうと思い、現在はこの作品群に専念しています(2016.06.16)