書評

一度その味を知るとおかわりしたくなる からだと心に沁み渡る瀬尾さんの言葉。

文: 上白石 萌音 (女優・歌手)

『そして、バトンは渡された』(瀬尾 まいこ)

『そして、バトンは渡された』(瀬尾 まいこ)

 森宮さんは、やっぱり素敵だ。実直であっけらかんとしていて、どこまでも愛情深い。梨花さんも、ふわりとした少女のようでありながら、確かな芯が通った魅力的な女性だ。ほかにも愛すべきキャラクターがたくさん出てくるが、わたしはなかでも、優子の高校時代の担任・向井先生が大好きだ。

 厳格で冷静沈着な指導。真っ直ぐに生徒たちを見つめる目。そばに寄り添い発せられる言葉。そのすべてが慈愛に満ちていて、心がかすかに灯された気分になる。長い間教壇に立たれていた瀬尾さんが描く教師像は、いつも大きくて深い。

 本作の中で、とても好きな言葉がある。

 梨花さんが幼い優子に、ニコニコしていたらラッキーなことが訪れるよ、と教えたあとで、こう付け加えるのだ。

「楽しいときは思いっきり、しんどいときもそれなりに笑っておかなきゃ」

 初めて読んだとき、優しさと少しの切なさをもって、この言葉はわたしの中に沁み込んできた。今でも、折に触れて思い出しては口角を上げるようにしている。さりげないけれど揺るがない言葉。これからも支えになるであろう大切な言葉。

 瀬尾さんの言葉は、おいしいごはんみたいだ。あたたかくて、ホッと甘くて、からだと心に沁み渡る。口当たりが滑らかでいつでも新鮮で、からだが喜ぶ感じがする。軽くてするする入ってきたかと思えば、ガツンと濃くていつまでも後味が残ることもある。そして一度その味を知ってしまったら、必ずまたおかわりしたくなる。

 それは、ミシュランとか高級店のフルコースとか、そういう食事とはちょっと違う。例えるなら母の作った卵焼きのような、素朴なおいしさだ。作品を読み終えた後の多幸感は、家族揃って「ごちそうさま」をするときの気持ちとどこか似ている。

 そして瀬尾さんが描く実際のごはんも、やっぱり本当においしそうなのだ。本作でも食事がひとつ鍵を握っている。張り切った朝のカツ丼。二日連続の餃子。長文メッセージのオムライス。想いの詰まったごはんたちが、登場人物の心に寄り添い、作品に香りをつける。

 おいしい言葉とおいしそうな食事。そしてつながっていく「家族」の愛。隅々まであたたかいこの作品世界は、わたしにとっての理想の幸せでもある。

 これから先、人生の大切な節目を迎えるたびに、わたしはこの本を読み返すだろう。恋をするとき。結婚を決めるとき。家族が増えるとき。そしていずれ訪れる旅立ちを見送るとき。

 その時々で、この物語は恐らく、違った顔を見せるのだろう。優子の姿が自分にどう映るかで、自分自身の成長を自覚することになるかもしれない。

 一方で、どんなに歳を重ねても、わたしの中にはきっと優子が棲み続ける。人はみんな、いつまで経っても、だれかの子どもだから。

 この作品と共に生きていくのが、なんだかとても楽しみだ。

 そして、今、バトンは渡された。この本を読んだあなたに。ここからどんな道をどんなふうに走って、次は誰にバトンを渡すことになるのだろう。今までもこれからも、このリレーはずっと続いていく。

特設サイトへ
そして、バトンは渡された瀬尾まいこ

定価:本体740円+税発売日:2020年09月02日


 こちらもおすすめ
作家の書き出し小説執筆のきっかけは「採用試験の自己PR」──瀬尾まいこ(2019.10.09)
特集【試し読み】本屋大賞受賞! 瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』第1回(2019.04.10)
ニュース2019年「本屋大賞」受賞! 瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』(2019.04.09)
書評“小さな世界”へのこだわり(2006.05.20)