本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
時代小説、これが2020年の収穫だ! Part3 大矢博子・選

時代小説、これが2020年の収穫だ! Part3 大矢博子・選

文:大矢 博子

当代きっての目利きが選んだ、絶対読むべき令和二年のベスト10

出典 : #オール讀物
ジャンル : #歴史・時代小説

大矢博子の収穫 十冊

『じんかん』(今村翔吾/講談社)
『まむし三代記』(木下昌輝/朝日新聞出版)
『紅蓮浄土 石山合戦記』(天野純希/KADOKAWA)
『銀閣の人』(門井慶喜/KADOKAWA)
『四神の旗』(馳星周/中央公論新社)
『商う狼 江戸商人杉本茂十郎』(永井紗耶子/新潮社)
『江戸の夢びらき』(松井今朝子/文藝春秋)
『流人道中記』(浅田次郎/中央公論新社)
『楡の墓』(浮穴みみ/双葉社)
『風よ あらしよ』(村山由佳/集英社)
※文章登場順

大矢博子氏

【次ページ 王道の戦国作品に充実作が続々と】

電子書籍
本屋が選ぶ時代小説大賞2011〜2020
オール讀物編集部

発売日:2020年12月22日

単行本
江戸の夢びらき
松井今朝子

定価:2,090円(税込)発売日:2020年04月24日

プレゼント
  • 『踏切の幽霊』高野和明・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/11/25~2022/12/02
    賞品 『踏切の幽霊』高野和明・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る