本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「諦めなければ、書ける日は突然やってくる」安部龍太郎

「諦めなければ、書ける日は突然やってくる」安部龍太郎

「オール讀物」編集部

「オール讀物」 歴史時代小説書き方講座


ジャンル : #歴史・時代小説

歴史時代小説ジャンルに特化したオール讀物新人賞の選考員を務める、安部龍太郎、畠中恵、門井慶喜の三氏による「歴史時代小説書き方講座」がオンラインで4月9日(金)から三夜連続で開催され、初日は2013年『等伯』で直木賞を受賞し、阿倍仲麻呂を題材にした大型連載を控える安部龍太郎さんが講師を務めた。

プロの小説家を志し、公務員をやめて小説の修業に明け暮れたアマチュア時代の自身の経験から、「諦めなければ、書ける日は突然やってくる」と受講者を勇気づけ、小説を書き続けるための「心・技・体」の重要性を説いた。

転機を経て、苦節の末デビューできたものの、ある日突然頭痛とめまいに襲われたと語る安部さん。後になって判明した体調不良の理由は、小説家として活躍するために必須な能力が身に付いたからだった――。

さらに、「共感できない歴史上の人物は書かなくていい」「執筆に行き詰まったら、歴史上の人物を一人称で書いてみることが良いトレーニングになる」などといった、実践的なメソッドを惜しみなく披露するなど、視聴者からの質問タイムも含めての2時間は音声トラブルが途中あったものの、あっという間に過ぎていった。

「時間内にすべての質問に回答できなかったのが申し訳ない」と、終了後の視聴者アンケートで届いた約20の質問に後日直筆で回答を返す(質問と回答はデータで、視聴者全員にメール。後日アーカイブ視聴を申し込まれた方にもお送りします)ほど、安部さんは受講者の熱意に感銘を受けたという。

終了後には、視聴者から「とても満足」「良い講座でした。迷いが吹っ切れ、書く勇気がわいてきました」などの意見が届いた。

今回の安部龍太郎さんによる「歴史時代小説書き方講座」は見逃した方でもアーカイブ映像を視聴することは可能。希望の方は(https://bunshun-allyomimono01.peatix.com/)より購入ができる。また、2日目の畠中恵さん、3日目の門井慶喜さんのアーカイブ映像もご覧になりたい方はお得な通しチケットもこちら(https://bunshun-allyomimono04.peatix.com/)で販売中。アーカイブ映像は6月20日(日)まで視聴可能となっているので、申し込みはお早めに。

ページの先頭へ戻る