本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
綿密な時代考証と大胆な物語。注目の歴史時代作家のデビュー作に刮目せよ。

綿密な時代考証と大胆な物語。注目の歴史時代作家のデビュー作に刮目せよ。

文:末國 善己 (文芸評論家)

『へぼ侍』(坂上 泉)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #歴史・時代小説

『へぼ侍』(坂上 泉)

 ところが、壮兵になるには「軍務ニ服」した経験が必要で、「戊辰の動乱」の頃は幼く、その後は商家勤めの錬一郎には応募資格がなかった。この不利な状況をあっと驚く策略で覆した錬一郎は、九州へ向かう直前に消えた同じ部隊の一人をタイムリミットまでに捜すことを迫られたり、最前線では戦友と共に薩軍が発行した軍票「西郷札」を使って謀略を進めたりと、随所に配置されたミステリ的な仕掛けが物語をスリリングにしていくので、ミステリファンも満足できるはずだ。

 清張のデビュー作は、西南戦争で再起をはかろうとするも果たせず東京で車夫になった没落士族の樋村雄吾が、高級官僚・塚村圭太郎の妻になっていた父の後妻の連れ子で密かに想っていた季乃と再会し、塚村から聞いた西郷札の投機話に巻き込まれていく『西郷札』である。主人公が西南戦争に従軍して逆転を狙うところや、西郷札をめぐる陰謀が描かれるところなど、本書には『西郷札』を彷彿させるエピソードもあるので、まさに松本清張賞に相応しい作品だったといえる。

 錬一郎と同じく大阪鎮台で壮兵になったのは、「戊辰の動乱」を箱館まで転戦した歴戦の勇者というが、賭け事が好きで借金取りに追われる松岡、幕末に尊王攘夷派の公家に仕えた青侍で、「天朝はん」への忠義も厚いが、四条流庖丁道を学び、鉄砲より包丁を持つ方が得意な沢良木、元姫路藩の勘定方で、維新後は得意の算盤を活かして「バンク」に勤め十分な給料を得ているが、女房には新政府の役人にならなかったことを批判されている三木と、いずれも「御一新」の“負け組”で、一癖も二癖もある男たちばかりだった。三木の女房の考え方は現代人には分かりにくいかもしれないが、明治時代は官僚が国を支配し、民間企業は国の指揮命令に従うという官尊民卑の社会だったので、立身出世を重視する人間が「バンク」勤めを嫌うのは一般的な感情だった。それは、官吏だった内海文三が免職になった途端、互いに憎からず想っていたお勢も、二人の仲を認めていた母のお政も冷淡になる二葉亭四迷『浮雲』からもうかがえる。何とか壮兵になった錬一郎は、最年少なのに、なぜか堀中尉によって分隊長に任じられ、神戸から蒸気船「玄海丸」で激戦が続く熊本に送られた。

 錬一郎が支給された最新式の「普式ツンナール銃」(発明者の名前からドライゼ銃。プロイセンの名称“Zündnadelgewehr M1841”から日本の公式文書は「普式ツンナール銃」とした)ほどではないが、薩軍も洋式の銃を装備しており、大砲の弾、銃の弾が飛び交い、銃撃が止まると白兵戦が始まる西南戦争が圧倒的な迫力で活写されている。一撃必殺の示現流で切り込んでくる薩軍兵士には、仕事の合間に学んだ錬一郎の剣術は通用せず、「普式ツンナール銃」の性能に助けられることもあった。

 ただ著者は、戦闘シーンを描くだけでなく、時間があれば賭け事に興じ、現地で食材を調達した沢良木が作る絶品の料理に舌鼓を打ち、危険を承知の上で最前線の近くで商売をする地元の人たちと交流する錬一郎たちの何気ない日常も丹念に追っている。ごく普通の若者が、戦場に立つと生き残るために敵を殺すギャップが戦争の悲惨さを際立たせており、特に戦争で体を売らざるを得なくなった十五歳の娘に、錬一郎が客と遊女を超えた感情を抱くようになる展開は、せつなく思えるのではないか。

 熊本に着いた時はまったくの新兵だったが、激戦をくぐり抜け薩兵との渡り合い方を学んだ錬一郎は、戦後の身の振り方を模索するようになる。そんな錬一郎に影響を与えるのが、「郵便報知新聞」の記者・犬養仙次郎(毅)と、軍医の手塚である。

「東京日日新聞」の福地源一郎(桜痴)が担当した「戦報採録」が、田原坂の戦いなどを血湧き肉躍るスペクタクルとして報じたのに対し、犬養が書いた「戦地直報」は「我が軍夜半に襲ひ、賊の寝覚めるに乗じ、一斉に切り入り、当るを幸ひ切り伏せ、薙ぎ倒し、累々と積みし死骸は其儘台場の穴へ投げ込み、少しく土を掩ひたるのみなれば」、「田原坂は死屍爛臭の気鼻を撲ち、掩はざれば頭脳へ迄薫し一歩も進み難き程なり」(「郵便報知新聞」一八七七年四月六日)とするなど、尊厳が奪われモノとして扱われる大量の死者を生み出す近代戦のリアルを伝えた。

ページの先頭へ戻る