本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
7月文春文庫 疲れを癒すムフフなエッセイ 担当編集者のイチオシ本

7月文春文庫 疲れを癒すムフフなエッセイ 担当編集者のイチオシ本

文:文春文庫部


ジャンル : #随筆・コミックエッセイ

<コロナ疲れのあなたに>

『不要不急の男』土屋 賢二

『不要不急の男』土屋 賢二

雨の日も晴れの日も「週刊文春」に哲学コラムを書き続けてウン十年、ついに土屋教授に栄誉の時が訪れる――

シリーズ文庫が本屋大賞「超発掘本!」に選ばれたのだ!

しかし時は二〇二〇年春、コロナ不安が世を覆い始めており、授賞式は中止に。

だが「不要不急」の肩身の狭い今こそ、哲学者としての洞察がにぶく輝き出す。

新・五輪競技を考案したり、読者の長文読解力に挑戦して一コラムを一文で書いたり、オーストラリアのゴールドコーストに別荘があることを明かしたり(人の)。

長引く自粛生活の中での「遊びかた」満載ブック、一人一冊(以上)必携です!


<ギスギスした心がフニャフニャになるムフフなエッセイ80本!>

『メランコリック・サマー』みうら じゅん

『メランコリック・サマー』みうら じゅん

「週刊文春」連載中の「人生エロエロ」をまとめたシリーズ、ついに5冊目になりました。

今回も、若き日の甘酸っぱい思い出から、人気絵本や試験問題のパロディまで、80本ものエッセイが面白イラスト付きで収録されています。

暗いニュースや腹立たしい出来事が多く、心がギスギスしがちな昨今ですが、みうらじゅんさんのエッセイを読めば、ムフフと笑えて元気になれます。

7月発売にぴったりなカバーは、インスタのフォロワー30万人以上の人気イラストレーターたなかみさきさんの描き下ろしです。

 

この他話題の本やフェア情報、文庫解説が読める文春文庫のサイトはこちら

不要不急の男
土屋賢二

定価:715円(税込)発売日:2021年07月07日

メランコリック・サマー
みうらじゅん

定価:803円(税込)発売日:2021年07月07日

ページの先頭へ戻る