本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
祝・「陰陽師シリーズ」35周年 「陰陽師」最新刊から推しフレーズを厳選!

祝・「陰陽師シリーズ」35周年 「陰陽師」最新刊から推しフレーズを厳選!

『陰陽師 水龍ノ巻』夢枕 獏


ジャンル : #歴史・時代小説

夢枕獏さんの「陰陽師」シリーズが始まって、今年でなんと35年! 2年半ぶりの最新刊『陰陽師 水龍ノ巻』も刊行されます。 今回は、この最新刊から「陰陽師シリーズ」らしい印象的なフレーズを、担当者の独断と偏見でご紹介いたします。

『陰陽師 水龍ノ巻』夢枕 獏

「麩枕」​ 博雅が朱雀門の鬼と交換した名笛・葉二の由来が明らかに

 鬼よ、朱雀門の鬼よ。(略)
 おまえのやれなかった仕事を、わたしがかわりにしたよ。
 おまえからもらった葉二を吹いたよ。

 源博雅の優しさがにじみ出ている一編です。


「いそざき」 ​晴明を訪ねてきた女が被衣をとると、その顔には奇怪な鬼の面が

「おい、晴明よ。そんなことがあるか。おまえは何でもできるのではなかったか――」
「博雅よ、おれにもできぬことはあるのだよ……」
「何故できぬ。何ができぬのじゃ」
「たとえば、人の心を変えることじゃ」

 この晴明と博雅のやりとりが、「陰陽師シリーズ」の魅力のひとつ。
 安倍晴明でも手に負えぬ一件の行方は――。


「読人しらず」​ 人が読んだ歌をくれという鬼を呼ぶため、博雅は和歌を読む

「(略)生きていることが、そのまま歌なのですよ。人の生き方に、うまいも下手もあるわけな
いでしょう。歌がうまいから何だというのです。歌が下手だから、何だというのです。人の生き方
に、上手、下手があって、たまるものですか!」

 その無垢な情熱で、鬼さえ説得してしまいそうな勢いの源博雅。博雅ファン必読!


「蘇莫者」​ 若き日の蝉丸の恋。そして、敦実親王のひそかな思惑とは

「あなたは、もう、お忘れですか……」
 女が囁くように言った。
「わたしは、あなたが最初に出会われた哀しみです……」
 ああ、そうなのかね。
 そうなのかね。
 蝉丸は、心の中でうなずく。

 蝉丸と、毎夜のように彼のもとに通ってくる女との、なんと切なく美しいやりとり……。ある秘
儀が描かれる、ド迫力の中編です。

 そしてもちろん、あのフレーズも。

「どうするのだ」
「む」
「ゆくのか」
「う、うむ」
「ゆこう」
「ゆこう」
 そういうことになったのであった。

一編ごとの読み切りなので、最新刊からでも楽しめる「陰陽師」シリーズ。
初めての方も、長年のファンの皆様も、ぜひお手にとって、お楽しみください。

陰陽師 水龍ノ巻
夢枕獏

定価:1,650円(税込)発売日:2021年08月04日

ページの先頭へ戻る