本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
戦争への激しい怒り

戦争への激しい怒り

文:清原 康正 (文芸評論家)

『大地の子』(山崎 豊子)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #小説

『大地の子』(山崎 豊子)

 山崎豊子の会心作『大地の子』が、ついに文庫化されることとなった。日本人の中国残留孤児を主人公にその迫害と苦闘の歩みをたどり、日中戦争、文化大革命、日中国交の正常化、日中共同の製鉄所建設プロジェクト、中国共産党上層部の政権抗争などといった、戦中から戦後、そして現在に至るまでの流動の波に翻弄される人々の運命をも描き出した大河小説である。

 一九八七年五月号から一九九一年四月号まで「文藝春秋」に長期連載され、一九九一年の一月から四月にかけて上・中・下巻の三巻構成で文藝春秋より刊行された。連載期間だけでも丸四年間、足かけ五年にもわたり、それ以前の取材期間三年を含めると、取材から完結まで実に八年がかりの大作である。上・中・下巻が出揃った段階で、新聞の書評欄でこの問題作を取り上げる機会を得た私は、次のように結んだものである。

「残留孤児の戦後の苦難の道のりを中国の戦後状況とからませて赤裸々に描き切った作品だけに、日本人にはつらくて重いものがある。だが、作者が取材を通してそれを直視してきたのと同様に、読者もこの問題から目をそらすことはできないだろう。多くの人々に読んでもらいたい作品である」(「毎日新聞」一九九一・五・二〇)

 多くの人々に読んでもらいたい――この気持ちに今も変わりはなく、今回、この解説稿執筆のために再度、全巻を読み直して、ますます強くなった。その意味で、さらに多くの人々に読んでもらう機会が増える今回の文庫化を喜んでいる一人である。

 山崎豊子の取材が綿密なことと徹底していることは、これまでの発表作品を通してよく知られているところだが、この『大地の子』でも、「あとがき」にもあるように三年間の現地取材を重ねている。厳冬と炎熱の季節以外はずっと中国に滞在して、初めは“点”から取材し、それを“線”につないでいった。この“点と線”に細かなディテールを加えて“面”にしていったという。「小説は自分で取材し、自分の言葉で書かないと実感が出ない」を信条とする山崎豊子は、取材の最中と執筆時に過労で倒れるほどの打ち込みようであった。

「あとがき」にも記されているように、「政治体制、生活環境を異にする国での三年間にわたる現地取材は、ひたすら忍耐と努力を重ねるほかなかった」のだが、故胡耀邦総書記の「日本の一作家に対する理解と英断」で、それまで外国人が立ち入ることができなかった地区や場所の取材が許可された。この現地取材の苦労に関して、週刊誌の著者インタビューの中で、次のように答えている。

「取材の壁が厚いとよくいいますが、厚くて、高くて、険しいものでした。官僚主義、教条主義の壁、壁で、取材申請をし、許可が出て大勢の人に会っても、成果はなし。疲労と忍耐が万里の長城のように続きました」(「週刊現代」一九九一・六・二二)

 このインタビュー記事のうち、「大勢の人に会っても、成果はなし」に関する具体的な事例を、別の雑誌インタビューに見出すことができる。ざっと、こんな具合である。

「取材するには、実に難しい国ですね。肝心なことになると官僚的で責任を逃れて誰もしゃべらない。しかたないから、別な人にさりげなく聞いて、つなぎ合わせてゆく。まさに“点と線”でした」(「SAPIO」一九九一・一一・一四)

 この“点と線”が先ほど述べた“面”になっていくわけなのだが、「SAPIO」では、現地取材の三年間を振り返って、こうも述べている。

「本当にたくさんの本や資料も読みましたが、この滞在の際にじかに取材できたということが一番でしたね。(中略)その三年間が、民主の星と仰がれた胡耀邦総書記のピークと退陣までの束の間のはざまだった。これはもう私には強運だったと思いますね」

 本書の「あとがき」にも、胡耀邦の取材協力の約束は「信じられないほどの僥倖(ぎょうこう)であった」と記されている。だが、こうした「強運」「僥倖」は、山崎豊子のひたすら忍耐と努力を重ねていく取材態度がもたらしたものであって、タナボタ式の「強運」「僥倖」であったわけではない。

 “点と線”から“面”へといった取材に関して、こんなインタビュー記事もある。

「もう一年取材できれば、より完璧になったと思います。(中略)面にしていくときにディテールにしてももっと細かくすることができたと思うのです。取材ができていればそれがいっそうリアルにできます。そこでもう一年といったら、知り合いに欲ばりだといわれましたが」(「サンサーラ」一九九一・九)

 この発言に、山崎豊子の真骨頂がうかがえる。とりわけ、「もう一年取材できれば、より完璧になった」という言には、徹底取材を常に目指す作家の執念が感じられた。「SAPIO」のインタビューの中で述べている「本当にたくさんの本や資料」云々の一端については、本書巻末に付された「参考文献」の一覧からも知ることができる。「文革関係」二十四冊、「現代中国・政治、経済」十冊、「満洲開拓団、逃避行、残留孤児」二十六冊、「評伝」十五冊、「紀行、生活」十冊、「小説」(注・中国の小説)十五冊、「鉄鋼」六冊といった内訳で、その総数は百六冊にものぼる。

大地の子 一
山崎豊子

定価:759円(税込)発売日:1994年01月08日

大地の子 二
山崎豊子

定価:759円(税込)発売日:1994年01月08日

大地の子 三
山崎豊子

定価:759円(税込)発売日:1994年02月10日

大地の子 四
山崎豊子

定価:759円(税込)発売日:1994年02月10日

ページの先頭へ戻る