本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
どうして「韓流」は世界を席巻できたのか。そして日本が追い抜かれた理由とは

どうして「韓流」は世界を席巻できたのか。そして日本が追い抜かれた理由とは

菅野 朋子

『韓国エンタメはなぜ世界で成功したのか』(菅野 朋子)

出典 : #文春新書
ジャンル : #ノンジャンル

『韓国エンタメはなぜ世界で成功したのか』(菅野 朋子)

 ソウルの金融街・汝矣島にある韓国取引所(証券取引市場)近くの、とあるトッポキ(韓国の棒状の餅に野菜などを加え甘辛く煮た料理)店。外壁も、内壁もすべて「BTS」のメンバーの写真で埋め尽くされているこの店には、ビジネスマンに混じってBTSのファンが続々と訪れる。

「ARMY(BTSのファンの集まりの名称)も来てくれる」、「店の売り上げにもつながる」と、BTSファンの女性スタッフが、当時はBTSを知らなかった店主を説得して一枚一枚写真を飾っているうちに、いつの間にかすべての壁がBTSの写真で埋まってしまったという。

 彼女がBTSと出会ったのは二〇一七年。ライブでBTSのパフォーマンスを見た瞬間、あっという間にファンになった。

「バンタン(防弾少年団の略。=BTS)は特別出演でしたが、完全に主役を超えていました。とにかくパフォーマンスが素晴らしすぎる。どう表現すればいいのか分かりませんが、本人たちが楽しそうで、自由で、細やかな動きまでアーティスト。それにいつも一生懸命なのです。ファンになってからは過去のYouTubeの動画も全部見ました。デビューからしばらくは売れなくて苦労していたことも知らなくて、ここまで来るのにどれだけ努力したかに思いが至って、ますます引き込まれました。

 それでも、まさか、ビルボードで一位になるなんて思ってもいませんでした。うれしいというか、誇らしいといったほうがいいのかな。ただ、最近では、韓国のテレビにも出ないし、どんどん遠い存在になっていくような寂しさもあるし、K-POPが持つ昔の力強いパフォーマンスもやってほしいなあなんて思ったりもします。贅沢ですかね」

 音楽やドラマの世界で今、韓国エンタメのニュースを聞かない日はない。

 直近でも、『イカゲーム』や『地獄が呼んでいる』といった動画配信サービスNetflixのドラマの世界席巻が報じられるなど、韓国エンタメのトピックは枚挙にいとまがない。

 以前からの「韓流」エンタメファンはさておいて、日本で広く「韓流」のグローバルパワーが意識されたのは、二〇二〇年からだろう。

 この年のはじめ、韓国映画『パラサイト 半地下の家族』がカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)に続き、アカデミー賞四冠を達成した。新型コロナウイルスが猛威を振るい、家庭での巣ごもり生活を余儀なくされるなか、Netflixの韓国ドラマ『愛の不時着』が空前の大ヒットとなった。そして、七人組ボーイズグループ、BTSの「Dynamite」が、アメリカのビルボードのメインチャート「HOT1‌0‌0」で一位を獲得。これは一九六三年に坂本九の「SUKIYAKI(上を向いて歩こう)」が一位になって以来、アジア人非英語圏アーティストとしては実に五七年ぶりの快挙で、どの話題も、日本でも大きく報じられた。

 こうしたニュースと並行して、K-POP初の日本人ガールズグループ「NiziU(ニジュー)」選抜のオーディション番組が民放などで放映され、総合プロデューサー、J.Y.Park(パク・ジニョン)が厳しいハードルに挑戦し苦しむアイドル候補生にかける言葉が、少女たち、そしてビジネスマンの心まで打った。

「韓流」はいったいいつからこれほどパワフルになったのか、どうして「韓流」は世界を席巻できたのか──。

 日本人の知り合いからこんなことを訊かれるようになったのはこの頃からだ。それも、それまでは韓流に関心がなかったり、敬遠していたような人ばかりだった。

文春新書
韓国エンタメはなぜ世界で成功したのか
菅野朋子

定価:1,045円(税込)発売日:2022年01月20日

プレゼント
  • 『熱源』川越宗一・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/7/6~2022/7/13
    賞品 『熱源』川越宗一・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る