本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
日本の美術書と美術展のトレンドをかえた中野京子節のインパクト

日本の美術書と美術展のトレンドをかえた中野京子節のインパクト

文:藤本 聡 (展覧会プロデューサー)

『運命の絵 もう逃れられない』(中野 京子)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #随筆・コミックエッセイ

『運命の絵 もう逃れられない』(中野 京子)

 中野京子さんと私は、2017年に開催された『怖い絵』展の特別監修者と主催社の担当として、まさに運命を左右する日々をともにした“戦友”だと勝手ながら思っている。そんな中野さんから、『運命の絵 もう逃れられない』の文庫化にあたって、解説を執筆してほしい、と突然の依頼を受けた。2021年の秋のことだ。多くのファンを持つ中野さんの本に、私如きが書くのはおこがましく思い、しばらく返事を躊躇っていたのだが、この本のタイトルどおり、「逃れられない」と腹をくくり、冷や汗をかきながらも、なんとか書かせていただくことにした。「解説」という趣旨からはすこしずれるかもしれないが、まずは、中野京子ファンの皆さんが興味をもってくださるであろう『怖い絵』展の内幕に触れたいと思う。

 4年以上が経ってもなお、あの展覧会に至るまでの紆余曲折は、鮮明に記憶に焼き付いている。新聞社の文化事業局で約25年にわたって展覧会を企画し、運営する仕事に携わってきた私にとって、『怖い絵』展は、それまでの展覧会とはまったく違う手ごたえを感じた経験だった。

 中野さんとの最初の出会いは、読者のみなさんと同じく、著作を通したものだった。10年と少し前のある日、書店でたまたま手に取ったのが『怖い絵』だった。一読するや、スリリングな面白さ、切り口の斬新さに衝撃を受けた。これは美術書なのか! そんな思いと共に、瞬く間に中野ワールドにのめりこんでいった。本を読み終えると、長年探し続けた宝物をようやく掘り起こしたような不思議な興奮と確固たる確信を得た。「もしもこの『怖い絵』を展覧会にすることができたなら、美術ファンだけでなく、普段展覧会に馴染みのない人たちにも展覧会の面白さが伝わるに違いない」「これは間違いなくヒット企画になる」……興奮がおさまらなかった。

 というのも、当時の私は、中堅社員として、「ピカソ展」、「ミュシャ展」、「佐伯祐三展」など国内外の様々な展覧会を担当し、仕事の面白さにどっぷりとはまりつつあった一方で、不満ともどかしさを抱えていた。新しい展覧会を担当すると、親しい友人や仕事で付き合いのある方々に見どころや面白さを説明し来場を促すのだが、「展覧会って高尚過ぎて疲れるよね」、「絵の良し悪しを語るのって難しい……」「そもそもどこを見れば良いのかわからない」などなどのネガティブな反応を受けることがあまりにも多かった。とにかく食わず嫌いの人が多いのだ。この漠然とした、しかし厳然とそびえ立つアートの敷居の高さを乗り越えられる画期的な企画をいつの日か実現したい。「だが、それはいったい何だろう……」、「そんな企画を考え付くのだろうか……」と悶々とした日々を過ごしていたのだ。

『怖い絵』を読んで、その答えが天から降ってきたように感じた。従来の美術展は、ある一人の画家の作品を集めたものや、ある特定の時代の作品を集めたもの、ある流派の作品を集めたもの、ある有名な美術館の所蔵作品を日本に借りてきたもの……、などが王道だ。美術書も同様だった。しかし、『怖い絵』は違う。「美しい絵画の奥に潜む怖さ」を軸に、様々な国、画家、時代、モチーフの作品を一冊に凝縮して紹介する。しかも、その解説が知性に富みながらもユーモアあふれる筆致で、まるで絵画の中の世界が目の前で動き出すような臨場感がある。美術の世界で仕事をしているからこそ、その斬新さをより鮮烈に感じた。

 フットワークの軽さが売りだった私は、ただちに企画書を作り上げた。さて、これをご本人にどうプレゼンするか。出した結論は「直接思いをお伝えする」ということ。とにかくお会いして、思いを伝えるしかないと強く決意し、直近で開催される中野さんの講演会に足を運んだ。もちろん、一人の聴衆として。

 文章から受けた中野さんのイメージは、歴史から、文学、オペラまで様々な知識に溢れ、想像を遥かに超える鋭い切り口で絵画を次々に料理する才気あふれたクールな女性。愛想はあまり良くない。そんな勝手な中野京子像を作り上げ、玉砕しないかと内心びくびくしながら会場に向かった。しかし初めて対峙した中野さんはいたって優しく朗らか、かつ華やかな雰囲気の女性で少々面喰ってしまうほどだった。このとき以来、長くお付き合いさせていただいているが、今なお、文章とお人柄のギャップは続いている。

文春文庫
運命の絵
もう逃れられない
中野京子

定価:891円(税込)発売日:2022年02月08日

電子書籍
運命の絵
もう逃れられない
中野京子

発売日:2022年02月08日

プレゼント
  • 『墜落』真山仁・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/6/24~2022/7/1
    賞品 『墜落』真山仁・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る