本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
鉄道ミステリーの巨匠・西村京太郎が“山村美紗殺人未遂事件”の推理に挑む! 犯行が行われた「空白の10分」に何が起きたのか?

鉄道ミステリーの巨匠・西村京太郎が“山村美紗殺人未遂事件”の推理に挑む! 犯行が行われた「空白の10分」に何が起きたのか?

西村 京太郎

『西村京太郎の推理世界』より #1

出典 : #文春オンライン
ジャンル : #小説 ,#エンタメ・ミステリ

 2022年3月3日、91歳でこの世を去った作家・西村京太郎。「十津川警部」シリーズで親しまれ、鉄道ミステリーの第一人者としてヒット作品を次々と書き上げた同氏の軌跡は、『西村京太郎の推理世界』(文春ムック)にまとめられている。

 ここでは同書から一部を抜粋し、西村京太郎と山村美紗の対談を紹介。1985年7月25日、山村美紗は京都の自宅マンションで何者かに襲われて記憶を失った。西村京太郎とともに、未解決事件の真相に迫る――。(全2回の1回目/2回目に続く

西村京太郎(右)と山村美紗 (『西村京太郎の推理世界』より)

◆◆◆

山村美紗の自宅で、殺人未遂事件が発生

西村 断片的にきいただけでとり込んでいたのでいまだにちゃんとは聞いてないんだ、山村さんの遭難事件の末については。

山村 実はすごい真相があるんですよ。

西村 あ、そう。

山村 嘘、嘘。残念ながら全然ないんです(笑)。落語のオチのようなもんがないんでつまらないんですよ。

西村 あれは7月25日でしたっけ。あの日はプールへ行ったとかいうことでしたね?

山村 ええ、3時半ごろから子供とホテルのプールへ行って、そのあと、久しぶりに食事をして8時頃家に帰って来たんです。ちょうど週刊誌の連載が1つ終って、あの日だけ空いたので。

西村 山村さんはマンションの1階と6階に部屋があるでしょう。

山村 子供は1階の部屋へ入って、私は6階に行ったんです。子供の話だと別れて10分ほどして1階のドアのところでドタッと音がしてあけてみると私がたおれてたって。

西村 じゃ6階の部屋で殴られてから1階まで自力で戻って来たわけ。

山村 そういう事なんですね。だけど自分ではよく覚えていないんです、1階までどうやって降りたか。

西村 頭のどこを殴られたんです。

山村 ここ。右耳から後頭部のところ。もうちょっと内側だったらダメだったみたい。卵より大きなコブが出来ていて。

西村 それで医者へ……。

山村 うちの子供は私が過労で倒れたと思ったんですね、とにかくかかりつけの先生を呼んだんです。そしたら私が無言だったのね、いつもおしゃべりな私がおとなしいのは変だって(笑)。

電子書籍
西村京太郎の推理世界
文藝春秋・編

発売日:2022年04月06日

ページの先頭へ戻る