本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
どん底に落ちた男が復活を遂げた時――事件は起こった。圧巻の書き下ろしサスペンス『残照』ほか

どん底に落ちた男が復活を遂げた時――事件は起こった。圧巻の書き下ろしサスペンス『残照』ほか

元スポーツ紙記者の著者にしか書けない圧巻の書き下ろしサスペンス。

『残照』(本城雅人)

不眠、減量苦、レース中の死亡事故、謎の転落死……
どん底に落ちた男が復活を遂げた時――事件は起こった。

ベテラン騎手の元春は、6年ぶりにGIレースで優勝する。馬主との喧嘩別れや減量苦を経ての復活だった。しかしネットで誹謗中傷され、それを書き込んだと思われる亡き後輩の妻を訪ねると、その夜、彼女はマンションから転落死する。ほぼ同時刻、元春は自宅で車の盗難未遂にあい、さらに数日後には空き巣に入られた。自分はいったい何に巻き込まれているのか? そして彼女の死は事故か、自殺か、あるいは殺人なのか――。

くわしく見る


発売ラインナップ (2022/8/7~2022/8/13)

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    ガリレオの事件簿1 ポルターガイストの謎を解け
    著者名
    東野圭吾 うめ(小沢高広・妹尾朝子)
    発売日
    2022/08/08
    作品紹介
    ベストセラー「ガリレオ」シリーズ初のジュニア版が刊行!
    シリーズ初のジュニア版。『探偵ガリレオ』『予知夢』『ガリレオの苦悩』から短編四作を新たに編みなおした一冊。第二弾も翌月刊行!
  • タイトル
    そして誰もゆとらなくなった
    著者名
    朝井リョウ
    発売日
    2022/08/08
    作品紹介
    ゆとり世代爆笑エッセイ、完結編
    なぜか500枚の完全書き下ろしを敢行しました。一生懸命生きているから遭遇してしまった、20のエピソードをお楽しみください。
  • タイトル
    残照
    著者名
    本城雅人
    発売日
    2022/08/08
    作品紹介
    事件を追う男に迫る危機。著者渾身の書き下ろし!
    不眠と減量に苦しむベテラン騎手が復活優勝を遂げた直後、亡き後輩の妻が転落死する。事故か事件か、彼は真相を追おうとするが――。
  • タイトル
    音楽が鳴りやんだら
    著者名
    高橋弘希
    発売日
    2022/08/09
    作品紹介
    代償を恐れて才能を潰すのは、音楽への裏切りではないかね?
    幼馴染のベーシストの交代を条件にメジャーデビューを決めた葵。音楽の神はますます彼に愛を注ぎ――奪い始める。圧巻のバンド小説。
  • タイトル
    誕生日の雨傘
    著者名
    柊子
    発売日
    2022/08/09
    作品紹介
    雨模様の人生を暖かく照らす、実力派若手女優による鮮烈のデビュー作
    いじめ、スクールカースト、コロナ……。思い通りにいかない毎日。それでも前を向く勇気を与えてくれる、お守りのような小説集。
  • タイトル
    鵜頭川村事件 上
    著者名
    櫛木理宇 河野那歩也
    発売日
    2022/08/10
    作品紹介
    孤絶した村で巻き起こる狂気の惨劇
    2022年夏、連続ドラマ化。原作・櫛木理宇(『死刑にいたる病』)、作画・河野那歩也(『監禁嬢』)のパニックサスペンス。
  • タイトル
    鵜頭川村事件 下
    著者名
    櫛木理宇 河野那歩也
    発売日
    2022/08/10
    作品紹介
    孤絶した村で巻き起こる狂気の惨劇
    2022年夏、連続ドラマ化。原作・櫛木理宇(『死刑にいたる病』)、作画・河野那歩也(『監禁嬢』)のパニックサスペンス。
  • タイトル
    ウクライナ戦記 不肖・宮嶋 最後の戦場
    著者名
    宮嶋茂樹
    発売日
    2022/08/10
    作品紹介
    怖い……今度こそ帰ってこれないかもしれん
    報道カメラマン不肖・宮嶋。ロシアによるウクライナ侵攻が始まり現地に入る。激戦地の取材から見えてきた「戦争の真実」とは。
  • タイトル
    サバカン SABAKAN
    著者名
    金沢知樹
    発売日
    2022/08/10
    作品紹介
    あの夏を、僕はきっと忘れない
    小学校最後の夏休み、僕は冒険の旅に出た。ひとりの友だちと一緒に。笑いと涙の映画『サバカン SABAKAN』原作小説。
  • タイトル
    直立二足歩行の人類史
    著者名
    ジェレミー・デシルヴァ 赤根洋子
    発売日
    2022/08/10
    作品紹介
    読めば自分の足が愛おしくなるサイエンス本
    なぜ人間だけが二足歩行で生き延びた? 古人類学史、最新化石「ホモ・ナレディ」、現代人の足の秘密。科学のロマンと驚きが満載!
プレゼント
  • 『固結び』山本一力・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/01/27~2023/02/03
    賞品 『固結び』山本一力・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る