本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【好評発売中!】「嫁姑問題が、ここまでのサスペンスになるなんて」、雫井脩介の新刊『クロコダイル・ティアーズ』! 書店員さんの感想、第2弾!

【好評発売中!】「嫁姑問題が、ここまでのサスペンスになるなんて」、雫井脩介の新刊『クロコダイル・ティアーズ』! 書店員さんの感想、第2弾!

「疑心暗鬼の沼」に沈められた! 書店員さんたちの「感嘆の声」を公開!!


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

雫井脩介さんの最新長編『クロコダイル・ティアーズ』には、「嫁姑問題の恐ろしさに震えた」、「疑心暗鬼の沼に沈められた」といった感嘆の声が続々と届いています。期待が高まる中、作品が好評発売中です。 書店員さんたちから届いた感想の第2弾をご紹介します。


『クロコダイル・ティアーズ』(雫井 脩介)
ジュンク堂書店名古屋栄店 西田有里さん

何か恐ろしいものを隠した女が、嫁という仮面を被って、息子の死をきっかけに、我が家に侵食してきたら? 嫁の想代子(そよこ)に魔性はある。怖くて仕方なかったですが、夢中で読みました。

今井書店倉吉パープルタウン店 石田麻美さん

姑さんからしたら、嫁は「家族という最も安心できる場所に突如現れた異物」なのでしょうか。よくある話だと思っていたら、とんでもないことに発展するのが「嫁姑問題」です。改めて、この問題の根深さを知りました。この小説には、本当に翻弄されました。

正文館書店長久手フレンドタウン店 各務雅美さん

たった一言の悪意の種が、これほど広がるのかと恐ろしかった。

須原屋コルソ店 大瀧裕子さん

俗っぽいイメージの嫁姑問題が、こんなサスペンスになるなんて! ストンと落ちる見事なラスト。「それでも?」と思わせる筆致はさすがです。

くまざわ書店新潟西店 大谷純子さん

疑惑から湧き起こる戸惑いや葛藤。信じようとしたり、疑いを深めたり……。義父母の痛みもとても伝わってきます。彼らの心情とともに、読み手の心情も揺れ動く。

蔦屋書店熊本三年坂 迫彩子さん

疑心暗鬼の沼に沈められました。「信じられる家族になる」前という絶妙のタイミングで起きたこの事件。男性と女性の読者で、「嫁を信じられるかどうか」が違ってくるのではないでしょうか。陶磁器というアイテムが、小説の世界をより形あるものにしてくれていました。

岩瀬書店富久山店プラスゲオ 吉田彩乃さん

家族が崩れるのは、本当に一瞬なのだと感じました。自分も誰を信じればいいのか、分からなくなりました。


*最新刊『クロコダイル・ティアーズ』の「感想」or「家族の怖い話」ツイート プレゼント、キャンペーンを開催中です。詳しくはこちらをご覧ください。

単行本
クロコダイル・ティアーズ
雫井脩介

定価:1,760円(税込)発売日:2022年09月26日

電子書籍
クロコダイル・ティアーズ
雫井脩介

発売日:2022年09月26日

プレゼント
  • 『妖の掟』誉田哲也・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/12/06~2022/12/13
    賞品 『妖の掟』誉田哲也・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る