作品紹介

【第168回 直木賞候補作】
ベストセラー作家、雫井脩介による「究極のサスペンス」

この美しき妻は、夫の殺害を企んだのか。
息子を殺害した犯人は、嫁である想代子のかつての恋人。被告となった男は、裁判で「想代子から『夫殺し』を依頼された」と主張する。犯人の一言で、残された家族の間に、疑念が広がってしまう。

「息子を殺したのは、あの子よ」
「馬鹿を言うな。俺たちは家族じゃないか」

未亡人となった想代子を疑う母親と、信じたい父親。
家族にまつわる「疑心暗鬼の闇」を描く、静謐で濃密なサスペンスが誕生!

「家族というのは、『お互いに助け合って、仲睦まじく』といった一面が取りざたされることも多いですが、そうじゃない部分もあります。ある種の運命共同体であるからこそ、こうしてほしいという願望を押しつけあったり、求めあったりして、生きづらさも生んでしまう。だからこそ、ドラマが生まれる。家族が一枚岩になれないときに生ずる『心の行き違い』は、サスペンスにしかならない」(著者インタビューより)

全国の書店員さんから、驚愕と感嘆の声が届いている傑作をぜひ!

雫井脩介、最新長編『クロコダイル・ティアーズ』の魅力に迫る。「妻は、夫の殺害を企んだのか」。究極のサスペンスの登場人物&あらすじを紹介。

   


本の話ポッドキャスト【朗読🎤】雫井脩介さん戦慄のサスペンス『クロコダイル・ティアーズ』を読む。

息子を殺した殺人犯は、嫁のかつての恋人――!? 女の涙を疑う母親。信じたい父親。家族の間で広がる“疑心暗鬼の闇”を描く、戦慄のサスペンス『クロコダイル・ティアーズ』が発売され、話題となっています。本の中から、息子を殺した犯人が判明する緊迫の場面を、プロのナレータによる朗読でお届けします。(制作:第二文藝部/朗読:土肥ゆきよ)

   

本の話ポッドキャスト【著者が語る】雫井脩介さんが語る『クロコダイル・ティアーズ』戦慄のサスペンス!

この美しき妻は、夫の殺害を企んだのか――。強烈なサスペンスと恐怖とで、早くも話題沸騰の雫井脩介さん『クロコダイル・ティアーズ』。家族にまつわる「究極の疑心暗鬼」を描いた渾身のミステリーは、主人公たちのみならず、読者の心も翻弄します。遠雷の音まで響きわたる戦慄のインタビュー! 他ではなかなか聴くことのできない雫井さんの肉声をお楽しみください!(聞き手:オール讀物編集部)

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
サスペンスこそが、物語をエンタメとして推進していくと考えている雫井脩介さん。家族という存在だからこそ生まれる、「疑心暗鬼の闇」を描いた究極のサスペンスが、面白くないはずはありません。著者の代表作となる一作をぜひ!
商品情報
書名(カナ) クロコダイルティアーズ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2022年09月30日
ISBN 978-4-16-391598-2
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る