本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「#オール讀物目次絵コンテスト」結果発表&選考会レポート

「#オール讀物目次絵コンテスト」結果発表&選考会レポート


ジャンル : #小説

 7月1日~8月31日にかけて開催しました「#オール讀物目次絵コンテスト」。全44件のご応募を頂きました。初の試みでしたが、みなさまから素敵なアイデアをたくさんお寄せいただきました。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!

 9月1日に文春デザイン部・野中深雪、「オール讀物」編集長・川田未穂、「オール讀物」編集部員で、厳正なる審査を行いました。その様子と共に、結果を発表いたします!

目次
最優秀作品発表
佳作
入選

最優秀作品

 まず、「オール讀物」目次絵に採用となりました、最優秀作品をご紹介します。

(編集H)全体的にびっくりするほどレベルの高い応募作が集まりましたね。

(編集長)目次を飾るイラストとして、華やかなのは大事。ただ、細かすぎるのは目次の文字自体を見えにくくしてしまうから、目次絵には適さないかもしれません。

(野中)デザインがかわいくても、目次絵として成立するかどうかはまた別の問題だから、選ぶのも難しいですね……。

とき村 十五さん
https://note.com/15iso/n/n1edd6229458d

 (編集H)現実じゃない風景を描いた作品が、意外と少ないから際立って見えますね。現実なら降ってこない紙吹雪が、絵全体に鮮やかさを加えていて、何より祝祭感があります。

 (編集長)物語性を感じるイラストですね。とき村さんのほかの作品を見ると、配色がやっぱり素敵で、思い切りのいいデザインがお得意な方なのですね。

朝江丸さん
https://note.com/asaemaru/n/neb225dd9b18a

 (編集長)この方は本当に上手ですね!

 (編集H)モチーフやタッチは時代物らしい一方で、構成がモダンです。

 (編集Y)人物と動物がいいバランスで描かれていますね。矢で絵に動きを出そうというのは意図的に挑戦していると思いますが、その試みが成功しているのがすごいと思います!

 (編集H)細長い枠を活かしたデザインですね。「この枠だからこそ」という絵はなかなか難しいですし、素晴らしいです。色の取捨選択もしっかり検討されているのも伝わりました。

 (編集長)……せっかくなので、12月号の目次絵にどうでしょうか? 歴史時代小説特集の号で、マッチすると思います。新人賞はお祝い感のある、とき村さんのイラストでいかがでしょうか!

 (野中)いいですね! 2号続けて掲載できるほど、良い作品をたくさん投稿していただけて、本当によかったです。

プレゼント
  • 『妖の掟』誉田哲也・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/12/06~2022/12/13
    賞品 『妖の掟』誉田哲也・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る