本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
小池真理子が生と死、そして性を描く濃密な短編集『日暮れのあと』ほか

小池真理子が生と死、そして性を描く濃密な短編集『日暮れのあと』ほか

生と死、そして性を描く濃密な短編集

『日暮れのあと』小池真理子

過ぎてみれば、全部、どうってことなかった――
日々老いを感じつつ山裾の町で暮らす絵本作家の雪代。ある日やってきた植木屋の青年に興味を惹かれ話をしてみると、彼が結婚を望む恋人は、還暦を過ぎた現役の風俗嬢だという――。
生と死、そして性を描き、人生を謳いあげる短編集。名手がつむぐ至高の7作。

くわしく見る


発売ラインナップ (2023/6/4~2023/6/10)

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    運び屋円十郎
    著者名
    三本雅彦
    発売日
    2023/06/09
    作品紹介
    大型新人が放つ、幕末時代活劇
    中身が何であろうと“荷”を送り届ける。それだけが円十郎の仕事のはずだった。だが、いつしか幕末の時代の流れに巻き込まれ……。
  • タイトル
    日暮れのあと
    著者名
    小池真理子
    発売日
    2023/06/09
    作品紹介
    生と死、そして性を描く濃密な短編集
    日々老いを感じつつ山裾の町で暮らす雪代。ある日やってきた植木屋の青年に興味を惹かれるが、彼の恋人は初老の現役風俗嬢だという。
こちらもおすすめ
プレゼント
  • 『運 ドン・キホーテ創業者「最強の遺言」』安田隆夫・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/6/20~2024/6/27
    賞品 『運 ドン・キホーテ創業者「最強の遺言」』安田隆夫・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る