本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
私も主人公と同じように円満離婚しました――『マリエ』(千早茜)

私も主人公と同じように円満離婚しました――『マリエ』(千早茜)

「オール讀物」編集部

Book Talk/最新作を語る

出典 : #オール讀物
ジャンル : #小説

『マリエ』(千早 茜)

『しろがねの葉』で第168回直木賞を受賞した千早茜さん。最新作『マリエ』は、40歳を前に離婚した女性・桐原まりえが主人公の長編小説だ。

「私も、まりえと同じように何年間もかけて話し合ったうえで円満離婚しました。成立後はとてもスッキリした気持ちになったんですが、誰も『おめでとう』『おつかれさま』とは言ってくれないんですよね。直木賞を受賞したときや、結婚を報告したときには、多くの人がお祝いの言葉をくれたのに(笑)。結婚も離婚も幸せのためにする決断なのに、どうしてだろうと不思議に思いました。物語を通して、結婚って何? ということを考えたかった」

 二人暮らしから解放された今のまりえは、こだわって選んだ新しい部屋で、自分の力でやっていく生活を大切にしている。フォーや桃モッツァレラ、肉餅(ロービン)など、彼女の暮らしに欠かせない食べ物の描写は、読む人の食欲を刺激する。

「食べたものを季節ごとにメモしているんです。小説のシーンに合わせて、食べたときの情景や体の反応を映像みたいに思い起こして書いています」

 体の中ではじけるホットワインを「イルミネーション」と表したり、千早さんの比喩は美しい。

「小説家になったとき、編集者に『一人称で書いていくなら、他人の五感を描けるようになれ』と言われたんです。自分の視界や嗅覚だけで書くと、見ているもの、感じることがどの登場人物も同じになってしまう。まりえは等身大の女性として描いたので、彼女の感性は私に近いですね」

 そんな暮らしの中で、まりえはひょんなことから結婚相談所に入会する。マリッジコンサルタント、婚活仲間、大学の先輩……。婚活を通してふれる世界は、未知のものだった。

「私にとって、恋愛と結婚は区別できないもの。でも世間にはそう思わない人も大勢いて、結婚という選択肢は、その人がもつ事情や条件によって意味を変えると感じました」

 等身大の千早さんを活写した今作には、こんな変化も訪れた。

「2014年に出した『男ともだち』は、仕事をバリバリやって、恋愛は二の次っていう女性が主人公でした。今回はその10年後のイメージで、仕事もお金も余裕が出来た女性が、一人になったらどうなるんだろうと考えたんです。そうしたら、10年前とはちょっと違う人格が現れた。私が書く主人公はブレない、芯の強い女性が多いですが、今回はこれまでで一番“揺れる”女性。恋愛、結婚を巡るまりえの静かな冒険を楽しんでいただきたいです」


ちはやあかね 2008年、『魚神』でデビュー。同作で泉鏡花文学賞、『あとかた』で島清恋愛文学賞、『透明な夜の香り』で渡辺淳一文学賞、『しろがねの葉』で直木賞受賞。


(「オール讀物」9・10月合併号より)

単行本
マリエ
千早茜

定価:1,870円(税込)発売日:2023年08月25日

電子書籍
マリエ
千早茜

発売日:2023年08月25日

プレゼント
  • 『終わらない戦争』小泉悠・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/09/20~2023/09/27
    賞品 『終わらない戦争』小泉悠・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る