本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
ロシアの軍事研究者が専門家たちと語り合った1年余りの記録 『終わらない戦争 ウクライナから見える世界の未来』ほか

ロシアの軍事研究者が専門家たちと語り合った1年余りの記録 『終わらない戦争 ウクライナから見える世界の未来』ほか

【文春新書 9月のラインナップ】

ロシア・ウクライナ戦争の現況と行方は

『終わらない戦争 ウクライナから見える世界の未来』小泉悠

ウクライナ戦争から500日が過ぎ、いよいよウクライナの反転攻勢が始まった。しかしロシア、ウクライナ双方が苦戦を強いられ、膠着する戦線。戦争の終わりは見えず、2024年のロシア大統領選を見据えると、もはや4年目への突入が現実となりつつあるという。この「終わらない戦争」、そして世界秩序の行方は――。

ウクライナ戦争の200日』(文春新書)、『ウクライナ戦争』(ちくま新書)に続くロシア・ウクライナ戦争の著者最新分析。『ウクライナ戦争の200日』でも一つの核をなした高橋杉雄さんとの戦況分析を中心に、本戦争がもたらした日本人の戦争観や安全保障観の変化、終わらない戦争の終わらせ方などを語る。

目次

Ⅰ:ウクライナ戦争を終わらせることはできるのか ×千々和泰明
Ⅱ:プーチンと習近平の急所はどこにあるのか? ×熊倉潤 
Ⅲ:ウクライナ戦争「超精密解説」 ×高橋杉雄
Ⅳ:逆襲のウクライナ ×高橋杉雄
Ⅴ:戦線は動くのか ×高橋杉雄
Ⅵ:戦争の四年目が見えてきた ×高橋杉雄

くわしく見る


9月の文春新書

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    終わらない戦争
    著者名
    小泉悠
    発売日
    2023/09/20
    作品紹介
    ロシア・ウクライナ戦争の現況と行方は
    ウクライナ戦争勃発から500日。終わりの見えない戦争、世界情勢の行方は。『ウクライナ戦争の200日』に続く著者の最新分析。
  • タイトル
    中国「軍事強国」への夢
    著者名
    劉明福 峯村健司 加藤嘉一
    発売日
    2023/09/20
    作品紹介
    習近平のブレーンが明かす台湾統一の現実シナリオ
    南北戦争で国家統一を死守した米国こそ台湾統一のお手本だ! ――あまりに赤裸々ゆえに中国語版でも削除された重要部分を完全収録。
  • タイトル
    リーダーシップは歴史に学べ
    著者名
    山内昌之
    発売日
    2023/09/20
    作品紹介
    歴史学の泰斗による名エッセイ
    該博な知識に裏打ちされた名エッセイから浮かび上がる、混沌とした時代を導く真のリーダーシップとは何か?
  • タイトル
    藤井聡太ライバル列伝
    著者名
    大川慎太郎
    発売日
    2023/09/20
    作品紹介
    史上初八冠目前! 藤井全盛時代に打倒・藤井に燃える棋士たち
    前人未到の八冠制覇へひた走る藤井聡太。彼と番勝負で戦った先達たち、今後彼に挑むライバルとはいかなる物語を持つ棋士たちなのか?
プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る