2015.11.18 書評

小説好き注目! 知らない作家に出会いたいならアンソロジー

文: 近藤 史恵 (作家)

『アンソロジー 捨てる』 (大崎梢・近藤史恵・篠田真由美・柴田よしき・永嶋恵美・新津きよみ・福田和代・松村比呂美・光原百合 著)

各ジャンルで活躍するエンターティンメント女性作家9名からの提案で、まったく新しいアンソロジーが誕生します。メンバー全員がSNS上で意見を交換しながら、小説の題材に選んだのは「捨てる」。この、ソソる(!)テーマで、福田和代さん、松村比呂美さん、近藤史恵さん、永嶋恵美、篠田真由美さん、新津きよみさん、大崎梢さん、光原百合さん、柴田よしきさんが書き下ろしました。ホラーあり、ファンタジーあり、家族に恋愛ありの豪華な短編集は、作家たちの小説への愛から生まれたのです。

『アンソロジー 捨てる』 (大崎梢・近藤史恵・篠田真由美・柴田よしき・永嶋恵美・新津きよみ・福田和代・松村比呂美・光原百合 著)

 みなさん、はじめまして。アミの会(仮)です。

 本編を読んで、あとがきに辿り着かれた皆様もいらっしゃるでしょうが、「アミの会(仮)ってなに?」と思って、まずあとがきに目を通された方も多いのではないでしょうか。

 とりあえず、簡単に説明すると、アミの会(仮)というのは、女性作家の集まりで、会の目的は、アンソロジーを出すこと、そしてたまに集まってお茶を飲んだり、ごはんを食べたり(そしてお酒を飲んだり)することです。

 目的と言っても、参加は自由。今回のアンソロジーでは、初期メンバーはみなさん参加されていますが、締め切りの後、メンバーが何人か増えたので、ほかにも加入作家はいらっしゃいます。それは次回以降のお楽しみということで……。

 今回は持ち回りということで、わたし、近藤史恵があとがきを書いていますが、別にだれが代表というわけでもない、ゆるーい集まりです。

 そもそものきっかけは、2015年のゴールデンウィーク。東京で、わたし含めて、五人の作家が集まって食事会をしたときです。

 お酒の話、旅行の話、芸能人の話、作家の身の上相談などいろんな話題が飛び交う中、柴田よしきさんが言い出しました。

「ねえねえ、アンソロジーだそうよ」

「いいですねえ」とのる人、「筆が遅いから……」と悩む人、いろいろ気持ちや前のめり度は違うものの、アミの会(仮)の発芽はそこからはじまったのでした。

 そこから、それぞれ別の作家さんをお誘いして、アンソロジーが出せる人数が集まり、地方の作家さんもいらっしゃるのでインターネットで相談を重ねながら、正式に「アミの会(仮)」発足ということになった次第です。

【次ページ】

アンソロジー 捨てる
大崎梢・近藤史恵・篠田真由美・柴田よしき・永嶋恵美・新津きよみ・福田和代・松村比呂美・光原百合・著

定価:本体1,600円+税 発売日:2015年11月14日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評彼女との出会い(2011.05.20)
書評奮闘する編集者が見つけたふたつのP(2014.11.06)
書評“プリティ”を支えるプロ意識(2012.03.12)
インタビュー・対談高原のカフェで確かめる人生(2015.03.09)
書評『恋雨』解説(2013.11.29)
書評もし言葉を使えない社会になったら(2014.07.10)
書評コミュニケーションの未来を描く物語(2014.04.16)