2015.11.18 書評

小説好き注目! 知らない作家に出会いたいならアンソロジー

文: 近藤 史恵 (作家)

『アンソロジー 捨てる』 (大崎梢・近藤史恵・篠田真由美・柴田よしき・永嶋恵美・新津きよみ・福田和代・松村比呂美・光原百合 著)

各ジャンルで活躍するエンターティンメント女性作家9名からの提案で、まったく新しいアンソロジーが誕生します。メンバー全員がSNS上で意見を交換しながら、小説の題材に選んだのは「捨てる」。この、ソソる(!)テーマで、福田和代さん、松村比呂美さん、近藤史恵さん、永嶋恵美、篠田真由美さん、新津きよみさん、大崎梢さん、光原百合さん、柴田よしきさんが書き下ろしました。ホラーあり、ファンタジーあり、家族に恋愛ありの豪華な短編集は、作家たちの小説への愛から生まれたのです。

 そもそも今は、短編を発表しにくい時代です。純粋な短編集はなかなか売れないですし、売れっ子さんしか出せません。

 わたしも短編は大好きですが、本にまとまらないとなると、雑誌などでも書きにくく、連作短編という形にしてしまうことになります。

 雑誌で書くことができても、一ヶ月で書店から消えてしまいます。

 でも、短編小説は魅力的な形式ですし、連作ではない単発の短編でしか描けない世界はあります。短編小説の魅力をもっと多くの読者さんに知ってほしいし、短編が好きな読者の方もたくさんいらっしゃるはずです。

 アンソロジーは、知らない作家に出会うきっかけにもなります。いきなり知らない作家の本に手を伸ばすことは冒険でも、アンソロジーで気に入った作家ならば、他の作品も読んでみたくなるのではないでしょうか。

 わたしは作家ですが、一方で読者でもあり、小説という表現形式の大ファンでもあります。

 編集部や評論家の編むアンソロジーもおもしろいですが、ミステリとか幻想小説とかのジャンルにこだわらず、いろんな作家が同じテーマで競作する書き下ろしアンソロジーというものを自分でも読んでみたいと思うのです。

 

「アミの会(仮)」の名前の由来です。

 以前「雨の会」という若手作家の集団があり、雨の会編のアンソロジーが出版されました。もし、知らない方がいらっしゃいましたら、インターネットで検索してみてください。びっくりするような豪華なメンバーです。

 その「雨の会」へのリスペクトも込めて、とりあえず仮の名を「アミの会(仮)」ということにしたら、なぜかそれがいちばんしっくりきてしまったということなのです。

 網のように広がる交友関係だとか、フランス語でamiは友達(女性形はamieですが)という意味や「親しげである」という形容詞だったりもします。

 女性作家らしい花の名前の会も素敵ですが、このちょっととっちらかった感じや、「なにそれ?」みたいな引っかかりもおもしろいのではないでしょうか。

 さて、いまだ全貌が見えないアミの会(仮)ですが、この先も活動していく予定ですので、ぜひともまたお目にかかれるとうれしく思います。

(「あとがき」より)

アンソロジー 捨てる
大崎梢・近藤史恵・篠田真由美・柴田よしき・永嶋恵美・新津きよみ・福田和代・松村比呂美・光原百合・著

定価:本体1,600円+税 発売日:2015年11月14日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評彼女との出会い(2011.05.20)
書評奮闘する編集者が見つけたふたつのP(2014.11.06)
書評“プリティ”を支えるプロ意識(2012.03.12)
インタビューほか高原のカフェで確かめる人生(2015.03.09)
書評『恋雨』解説(2013.11.29)
書評もし言葉を使えない社会になったら(2014.07.10)
書評コミュニケーションの未来を描く物語(2014.04.16)