2013.07.12 書評

若宮の「謎」を解く一対の物語

文: 大矢 博子 (書評家)

『烏は主を選ばない』 (阿部智里 著)

『烏は主を選ばない 』(阿部智里 著)

 阿部智里のデビュー作『烏に単は似合わない』を読んだとき、その筆力と構成に驚き感心しながらも、ひとつだけ気になることがあった。それは「姫君たちのところにぜんぜん顔を出さなかった若宮は、いったいその間、何をしてたの?」である。

『烏に単は似合わない』は八咫烏の化身たちが暮らす土地で、そこを統べる若宮の妻の座を巡り4人の姫たちが鎬(しのぎ)を削る物語だ。実にエキサイティングだったが、姫たちのあれこれの間、肝心の若宮がまったく姿を現さないのである。その割に姫たちの内情に詳しかった。これが不思議だったのだ。

 だから『烏は主を選ばない』を読んだときには、思わず「こう来たか!」と叫んでしまった。なぜなら本書はまさに「その間、若宮は何をやっていたか」の話だったのだから。

 デビュー作の続編、ではない。スピンオフとも違う。『烏に単は似合わない』と『烏は主を選ばない』は、同じ時期の出来事を異なる視点で描いた一対の物語なのである。ジャンルはまったく異なるが、氷室冴子の『多恵子ガール』『なぎさボーイ』(ともに集英社eコバルト文庫)を想像していただければいい。どちらから読まれてもかまわないが、2冊そろってようやく全貌が見える仕掛けになっている。



こちらもおすすめ
特設サイト累計100万部突破!『八咫烏外伝 烏百花 蛍の章』『玉依姫』同時発売|阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト(2018.05.10)
書評各巻ごとに趣向を凝らす大ヒット異世界ファンタジー最新作。シリーズと筆者の歩みをおさらい!(2017.06.08)
インタビューほか大ヒットシリーズ最新刊の衝撃 『玉依姫(たまよりひめ)』 (阿部智里 著)(2016.08.16)
書評動き出した壮大な世界の謎を括目せよ(2016.06.14)
特集新世代作家が壮大なスケールで描く 華麗な和風ファンタジー「八咫烏シリーズ」(2015.08.11)
インタビューほか今度は八咫烏vs.人喰い大猿の対決! 異世界ファンタジーは次のステージへ(2014.07.26)
書評物語が動き出す、シリーズ3作目(2014.09.06)
書評『烏に単は似合わない』解説(2014.06.24)
八咫烏外伝 烏百花 蛍の章阿部智里

定価:本体1,400円+税発売日:2018年05月10日

玉依姫阿部智里

定価:本体700円+税発売日:2018年05月10日

弥栄の烏阿部智里

定価:本体1,500円+税発売日:2017年07月28日

空棺の烏阿部智里

定価:本体700円+税発売日:2017年06月08日

黄金の烏阿部智里

定価:本体670円+税発売日:2016年06月10日

烏は主を選ばない阿部智里

定価:本体700円+税発売日:2015年06月10日

烏に単は似合わない阿部智里

定価:本体700円+税発売日:2014年06月10日