2016.01.17 書評

江戸っ娘作家のライフワーク“北原版近世通史”が完結!

文: 米村 圭伍 (作家)

『あこがれ 続・ぎやまん物語』 (北原亞以子 著)

『あこがれ 続・ぎやまん物語』 (北原亞以子 著)

「ちょいとヨネさん、聞いてよ、ひどいんだから。あたしもう、嫌ンなっちゃった」

 待ち合わせをしていた駅のホーム、ベンチにちょこなんと腰掛けていた北原亞以子さんは、挨拶をするいとまも与えずに、こう浴びせてきた。

「へいへい、承りやす。どうなさいました?」

 幇間(たいこもち)のようにもみ手をしながら返したが、どうも妙だ。不愉快そうな顔はしているものの、北原さんの瞳は、きらきらと輝いている。

「今朝の新聞の地方版にね、あたしの名前が、千葉県在住の作家として載っていたのよ」

 私はきょとんとした。

「あのう、それが何か。実際に千葉県にお住まいですし……」

 北原さんは、口惜しそうに身をよじった。

「今はそうだけど、こう見えてもあたし、ちゃきちゃきの江戸っ子なんだから。父は家具職人で、新橋の長屋で産湯を使ったのよ」

「まあ、いいじゃありませんか。新聞に名前が載っただけでも宣伝になるし」

「冗談じゃないわ、むしろ営業妨害よ。こちとら、江戸物書きよ。読者にご朱引(しゅびき/徳川幕府が定めた江戸の範囲)の外の生まれだと思われたりしたら、イメージダウンじゃないの。ようし、あの新聞から原稿の依頼が来ても、絶対に書いてやらないわ。いえ、取材だけだって、金輪際、受けてあげないんだから!」

 復讐の手段を楽しげに語る北原さんを見ながら、私は考えていた。

 ええと、私も含めて、江戸の生まれではない時代小説作家の立場は、どうなるのだろう。

 電車が滑り込んできた。都内から乗ってきた編集者さんたちが、ここです、と手招きをする。これから千葉市にある陶芸家の先生のお宅にうかがって、作陶を楽しむのだ。

 編集者が譲った席に腰掛けた北原さんは、喜々として話しはじめた。

「ねえ○×さん、聞いてよ。あたし嫌になっちゃった、ひどいんだから……」

 私は笑いをこらえた。なあんだ、新聞記事をネタにして、江戸っ子自慢がしたかっただけなのか。私ははじめてだけど、編集者さんたちは、もう飽きるほど同じ自慢を聞かされているのだろうなあ、お気の毒に。

【次ページ】

あこがれ 続・ぎやまん物語
北原亞以子・著

定価:本体660円+税 発売日:2016年01月04日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評於祢、淀君、お江、赤穂義士。鏡が映し出す、時代を彩った人々の心の綾(2015.12.24)
インタビューほか経験を積まないとわからないもの(2010.05.20)