インタビューほか

【西加奈子×光浦靖子】大人の悪口スキルを高める(前編)

「別冊文藝春秋」編集部

【西加奈子×光浦靖子】大人の悪口スキルを高める(前編)

小説と絵、お笑いと手芸。 類まれな才能を発揮する二人による、人間関係がうまくいく悪口のススメ

左:西加奈子/右:光浦靖子

西加奈子(にし・かなこ)
1977年、テヘラン生まれ、カイロ・大阪育ち。関西大学法学部卒業後、2004年『あおい』で作家デビュー。05年『さくら』がベストセラーになる。07年『通天閣』で織田作之助賞、13年『ふくわらい』で河合隼雄物語賞、15年『サラバ!』で直木三十五賞を受賞する。

光浦靖子(みつうら・やすこ)
1971年、愛知県生まれ。東京外国語大学卒。大久保佳代子とお笑いコンビ「オアシズ」を組む。著書に『お前より私のほうが繊細だぞ!』『傷なめクラブ』『子供がもらって、そうでもないブローチ集』『男子がもらって困るブローチ集』など。

別冊文藝春秋 電子版3号

――別冊文藝春秋デジタル版対談企画、西加奈子さんと光浦靖子さんをお迎えしております。お二人はとても仲良しでいらっしゃるそうで。

西 こないだも飲んだもんね。

光浦 うん。

西 『an・an』の私とせきしろさんがやってた短歌のコーナーにゲストで出ていただいたのが一番最初で、その後イベントやね。

光浦 そう。イベントでしゃべった。

西 いつかな、あれ。

光浦 三年は前か。

西 三年ぐらいかな。東直子さんと。

光浦 そうそうそう。西さんの本読んだのは、お目にかかってからなんですよ。

西 うれしい、ほんとに。角田光代さんとかは好きやったんよね。

光浦 女流作家は好きで。女流作家ばっかり読んでますね。

西 瀬戸内寂聴さん。

光浦 寂聴先生とか。あと、あの脚本家の……。

西 向田邦子さん。

光浦 向田邦子。向田さんが大好きで。

西 私より本をすごい知ってはって。中村文則さんの『教団X』読んだ? っていう話をしたときに、それやったら篠田節子さんも面白いよって。

光浦 宗教ものだったら篠田さんの『仮想儀礼』もパワーがあるもんで、『教団X』がすごいすごいって言われてると、六年も先に書かれた本があるんだけど、読んだほうがいいんじゃないですかって、もっと評価されてもいいのになって思っちゃう。

西 知らんかったなぁ。

光浦 サラリーマンや元公務員が、なんちゃって宗教で小遣い稼ぎから始めたのがどんどんどんどん人が増えていって、信者が勝手に狂っていくっていう。そんなものどこにもないのに、とてもリアルで面白い。

西 そういうのを教えてくれたりして、色々ご存じなのにすごい話しやすくて、本当に気さくで。テレビで拝見してる頃から素敵な人やなと思ってて、お会いしたら本当にそのまんま、ナチュラルな方やった。で、一緒に飲みに行ってんな。

光浦 うん。

西 女の子だけのイベントとかもあって、みんなで飲みに行って。すごく楽しくて。

光浦 楽しいよね。

西 一回それがテレビ番組にもなって。そのとき光浦さんが「ゴメンゴメン、遅れて」みたいな感じで来はって。

光浦 そう。なんか収録があって遅れていったのかな。

西 バナナマンの日村さんが聞こえへんぐらいの声で「きたきたきたきた」って嬉しそうにおっしゃってて。その時なんかすごい信頼されてるなって、私、泣きそうになったの。でも男性芸人さんとは、そんなにしゃべったことないって、光浦さんはおっしゃってて。

光浦 男芸人に信頼されとるとは思ったことない。

西 いや、すごく日村さん笑っててな、喜んではって。

光浦 そうやって言ってくれたもんで、それ以来日村さんのことを好意的に見とったら、女子アナと結婚した。

西 結婚したん?

光浦 あ、まだ結婚してない。がっかり。

【次ページ】お約束でブサイクと言わねばいかん

別冊文藝春秋 電子版3号(通巻319号/2015年9月号)

定価:※各書店サイトで確認してください
発売日:2015年08月17日

詳しい内容はこちら

円卓
西加奈子・著

定価:470円+税 発売日:2013年10月10日

詳しい内容はこちら

地下の鳩
西加奈子・著

定価:本体530円+税 発売日:2014年06月10日

詳しい内容はこちら

ダイオウイカは知らないでしょう
西加奈子、せきしろ・著

定価:本体690円+税 発売日:2015年02月06日

詳しい内容はこちら

ミツウラの鳴らない電話
光浦靖子・著

定価:本体543円+税 発売日:2005年08月

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
特集人気の書店フリーペーパー「ぶんこでいず」が厳選! 「夏におすすめ 文春文庫10冊」(2015.06.28)
書評かつて子供だった大人たちが 忘れてはならない大事なこと(2013.10.29)
書評「言葉」がテーマであり主役の小説(2011.02.20)
書評石垣島の光と心の強さ(2013.12.19)