本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【西加奈子×光浦靖子】大人の悪口スキルを高める(後編)

【西加奈子×光浦靖子】大人の悪口スキルを高める(後編)

「別冊文藝春秋」編集部


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

小説と絵、お笑いと手芸。 類まれな才能を発揮する二人による、人間関係がうまくいく悪口のススメ

「【西加奈子×光浦靖子】大人の悪口スキルを高める(前編)」より続く

左:西加奈子/右:光浦靖子

西加奈子(にし・かなこ)
1977年、テヘラン生まれ、カイロ・大阪育ち。関西大学法学部卒業後、2004年『あおい』で作家デビュー。05年『さくら』がベストセラーになる。07年『通天閣』で織田作之助賞、13年『ふくわらい』で河合隼雄物語賞、15年『サラバ!』で直木三十五賞を受賞する。

光浦靖子(みつうら・やすこ)
1971年、愛知県生まれ。東京外国語大学卒。大久保佳代子とお笑いコンビ「オアシズ」を組む。著書に『お前より私のほうが繊細だぞ!』『傷なめクラブ』『子供がもらって、そうでもないブローチ集』『男子がもらって困るブローチ集』など。


悪口スキルを高くする

光浦 私、西さんを見ると、なぜいつも正しいところをチョイスできてるんだろうと思って。

西 いやいや、それはほんまにずるいからと思うで。例えば陰口を聞いてもらう相手も選ぶ。例えばこの人腹立つなと思った人の友達とか知り合いに言ってしまったら陰湿になるから、その人のことを知らん子に聞いてもらうの。

光浦 ああ、そうね。全く知らん人。

西 その子はその人のこと知らんからさんざん言いたい放題言ってくれるねん。例えば「西って嫌なやつおってな」って言ったら、「名前ダサいな」とか。ほんなら笑けてくるやん。笑ってるうちにだんだんどうでもよくなって、そこで解決して、当の西さんには普通に接せられる。それは配慮でもあるし逃げでもあるけど、人間関係はそういうふうに、ほんとに友達に助けてもらってる。

光浦 そうか。もうちょっと大人になるか。そうだね、悪口スキルの高い女友達をもう一回見繕おう。

西 そうそうそう。みんなそうなんじゃない?

光浦 悪口スキル、やっぱり高くないと面白くないもんね。ネチネチした感情を広げるんじゃなくて。

西 おもろくしてくれたらええねん。

光浦 「分かるよ」とか「ああ、そういう人嫌だよね」とか、嫌な感情じゃなくて「ダセえ名前だな」の合いの手入れてくれる友達がほしいの。

西 「私もあの子な、」って同調するのは、危険よね。そうなったらもう小学生と一緒というか。

光浦 ヤダヤダヤダ。ドロドロしていく。

西 そうじゃなくて、全部ほんまバスッて一刀両断する、笑かしてくれる友達がいい。

光浦 面白いね。いいね。いつか大辞典を作ろう。悪口検定の。返しや合いの手とか悪口の採点ができるの。女の人に必要なバイブルかもしれんよ。で、あなたはAタイプだから、Bタイプの人に聞いてもらいなさい、っていう。

西 そうしたら本当に健全になるね。

光浦 でも、それには相当なデータが必要。大変だよ。

西 そうやな。相性もあるしな。

光浦 相性っていえば、「お悩み相談」の相談内容も相性なのかな。一文字も書けないって。

西 あの連載めちゃくちゃ面白いね!

光浦 いつも何も考えずに書いてるんだけど昨日だか一昨日か、またはまったね。ある時期スコンスコン書けて、「あらやだ、天才になったかもしれない」なんて思ってたら、また戻った。一文字も書けない。

西 でも、それも優しいなぁ。質問に対していつも全力で答えたいってことやもんな。

光浦 だって、お悩み相談だもん。

優しい嘘をつこう

西 「ソープに行け」って書いたらええやん(笑)。

光浦 えー。でも、字数が埋まんないんだもん。

西 そっか。ひとことやったらいけるけどな。

光浦 そうそう。三十字ぐらいで片付いちゃう質問の時が一番困る。しょうがないから話を徐々にスライドして、自分のブログみたいなほうに持っていく。

西 うんうん。でも、エッセイもそうやけど、光浦さんは、はにかんではるのがすごいかわいいなって思う。悩み相談って、答えるのってメチャクチャ難しいよね? 例えば完全に「私、上やぞー。絶対やぞー」っていう感じでやるんやったらまだいいけど。距離感が難しいよね。些細な答えで嫌味になっちゃう人もいるし。でも光浦さんのはにかんではるスタンスにすごい救われる……救われるっていうのともちゃうねんけど。何やろな。信頼できるっていうか。

光浦 やっぱり独身で彼氏がいない、はでかいと思う。弱者のポジションじゃないけど、分かりやすい。

西 でも、弱者のポジションですよって立つことにもはにかんでるやろ?

光浦 それはそれでずるいことしてるなとも思うんだよね(笑)。

西 だから真面目さというか、はにかみというか。

光浦 それを利用してるな、って。かといって本当に死にたいほど一人が寂しいかといったら、意外と一人楽しいしな、とか(笑)。家族がうらやましいって言っても、妹の家族と二日旅行したら「二日で十分です」って。あんなに家族が欲しいって言っておきながら、「うわー、二日で十分だ。やっぱり他人の子のほうがかわいい」と思って。

西 そうやな(笑)。友達の子ぐらいがちょうどいい。

光浦 他人の子が一番かわいい。やっぱり血がつながってる人は線を越えてくるからあまり好きではない、って言ってメッチャ怒られた。

西 子どもなんか線を越えてくるものやけどな(笑)。

光浦 他人の子はやっぱり線引くんですよ。

西 光浦さんのその正直さって、何やろな。

光浦 「冷血」って怒られた。

西 いや、冷たい人は言わへんやん。だって、ちゃんと言うんやろ?

光浦 「血がつながっとると線を越えるから、やっぱり疲れると思う」って(笑)。

西 確かにショックやわな(笑)。

光浦 身内から大クレームが来た。「出た出た出た、冷たい。この子は昔から冷たいよー」って。

西 冷たいんやなくて、正直で真面目やねん。真摯というかな。

光浦 嘘も優しいもんね。

西 でも、嘘つけないんやね。

光浦 嘘は優しいから。優しい嘘をつこう。

西 そうやな。

単行本
私が作って私がときめく自家発電ブローチ集
光浦靖子

定価:1,650円(税込)発売日:2021年05月29日

単行本
50歳になりまして
光浦靖子

定価:1,485円(税込)発売日:2021年05月29日

文春文庫
ごはんぐるり
西加奈子

定価:638円(税込)発売日:2016年02月10日

文春文庫
円卓
西加奈子

定価:550円(税込)発売日:2013年10月10日

文春文庫
地下の鳩
西加奈子

定価:627円(税込)発売日:2014年06月10日

文春文庫
ミツウラの鳴らない電話
光浦靖子

定価:597円(税込)発売日:2005年08月10日

ページの先頭へ戻る