2015.11.13 書評

睡眠不足は事故、肥満、容姿衰えのもと

文: 木村 博江

『よく眠るための科学が教える10の秘密』 (リチャード・ワイズマン 著/木村博江 訳)

『よく眠るための科学が教える10の秘密』 (リチャード・ワイズマン 著/木村博江 訳)

 人は人生のおよそ三分の一くらいを眠ってすごす。日本人の一日の平均睡眠時間は、以前は八時間と言われていたが、現在は多少減って七時間五〇分ほど、世界の中で最長はフランスで八時間五〇分くらいのようだ(二〇一一年八月、朝日新聞)。眠ることは、一日の三分の一が費やされるほど大切なものなのに、日常の中では「あって当たり前」と受け取られ、あまり大切にされていないのではなかろうか。この本の著者、リチャード・ワイズマン博士は、そんな疑問をもった。睡眠が不足すると、人はどうなってしまうのか、どうすれば質の高い眠りを自分のものにできるか。それを改めて考えてみようと、書かれたのがこの本である。

「眠り」をテーマにした本書で取り上げられているのは、熟睡のための具体的な方法、いびきや寝言、夢遊病、金縛りなど、睡眠にまつわる現象の原因とその解決法など、身近なものばかりだ。眠っているあいだに語学力がアップするという「睡眠学習」の効果、質の良い眠りを自分のものにする方法、夢占いやフロイトの夢解釈、夢のセラピー効果なども具体的に紹介されている。

 また、眠りの大切さを説くために、充分な睡眠が取れないと、人はどうなるかというマイナス面も、実際の例とともに記されている。アメリカで最長不眠記録に挑戦したDJの例などは、不眠状態の恐ろしさをまざまざと実感させてくれる。寝不足は事故のもとでもあり、肥満を招き、容姿にも影響がでる。まさに眠りに関するすべてが網羅されている、「睡眠百科」のような本と言えるだろう。

【次ページ】

よく眠るための科学が教える10の秘密
リチャード・ワイズマン・著/木村博江・訳

定価:本体1,500円+税 発売日:2015年11月13日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評脳トレ・ブームに騙されるな!(2014.08.16)
書評『ちゃうんちゃうか精神』で読んでみる(2013.11.19)
書評直感的すぎる時代への処方箋(2011.01.20)
書評ボケない人生を始めよう(2010.09.20)
特設サイトNHK Eテレ「心と脳の白熱教室」で放送され話題となったエレーヌ・フォックス『脳科学は人格を変えられるか?』が文庫化!(2015.07.24)
特設サイト握るだけで脳機能が改善した! 西野仁雄『ミラクルグリップ 握れば脳が若返る』(2015.02.17)
書評炭水化物は人類を滅ぼさない(2015.02.03)
書評解説「不在」による病い(2014.03.24)
書評高齢になってもずっと元気に(2013.06.25)
書評「ごきげん」と「長寿」のサイエンス(2012.08.09)