インタビューほか

闇が消えて謙虚さがなくなった

「本の話」編集部

『陰陽師 首』 (夢枕獏 著/村上豊 絵)

――夢枕獏さんの文章と村上さんの絵によるカラー絵物語『陰陽師 首』が刊行されました。『陰陽師瘤取(こぶと)り晴明』に次ぐ第二弾ですが、絵は描きおろしですか。

村上 全部、描きおろしです。大人の絵本ですね。

――判型は四六判の変型ですが、読みやすくていいですね。

村上 洒落た本になりましたよね。四六判の頭を短く切ったところがミソで、無駄の中に美があるってやつです。

――夢枕さんの『陰陽師』シリーズの挿絵は、最初から村上さんですか。

村上 「オール讀物」連載の最初からです。夢枕さんはうまいところに目をつけましたよね。今の若者は、こういう世界が好きですから。心霊現象や占いがブームになったけど、その延長線上にちょうど乗ったんじゃないですかね。彼の作品は文章もくどくどとしてないし、活字離れといわれる若い人たちにも、とっつきやすいんじゃないでしょうか。

――それにしても、村上さんの絵は『陰陽師』にぴったりですね。異形(いぎょう)のものがぞろぞろ登場してくる。

村上 僕はこういう変なものって、好きなんですよ。見たことはないんだけど、鬼だとか天狗だとか、そういう怪しげな連中にすごく興味がある。だけど僕が描くものは、おどろおどろしいものじゃない。それより現代人のほうがよっぽど怖い。人間の面をした怖い鬼がいっぱいいるじゃないですか。

――鬼とか雷とか妖怪というのは本来は恐ろしいはずなんですが、村上さんがお描きになる化け物はどこか可愛らしいんですよね。

村上 僕は、なんか知らないけど、雷が好きなんですよ。あのダイナミックなバリバリという音がスカッとするというかね。怖いけど、プラス強さがある。そういう強いものに対する憧れがあるのかもしれませんね。

――村上さんの展覧会を拝見すると、変哲もない田舎の屋根の上に鬼だか雷だかが坐っていたり、鬱蒼(うっそう)とした木の上にいるのは何だろうと思うと天狗だったりするんですが、どういう発想からこういう絵をお描きになるんですか。

村上 人間には計り知れない世界があるはずなんです。実際はそこにいるのに、見えていないとかね。そういう想像から始まってるんじゃないかな。

――どこか懐かしい感じもあります。

村上 僕の母方の実家が農家だったものですから、農繁期になると、休みに手伝いに行かされた。冬、麦踏みをやらされたりね。祖父や祖母と接点があったんです。おばあちゃんから、狐に騙(だま)された話を聞かされたり……。

――そういえば村上さんの絵には、擬人化された動物も非常に多く登場しますね。「狐の嫁入り」とか。

 ところで、この『陰陽師』のカラー絵物語は題字も村上さんの字です。村上さんの毛筆文字は装幀に使われることも多いんですが、習字は得意だったんですか。

村上 いやいや、小学校と中学校でやっただけで、ちゃんとはやってません。ただ僕の場合は、文字というより、わかる字を書いてるというか、書じゃなくて絵なんですよね。文字というのは上手に書こうと思うと難しくなっちゃう。あんまり上手に書こうとしないで、むしろ絵だと思って書いたほうが、面白い字が書けるんじゃないですか。

【次ページ】

陰陽師 首
夢枕獏・著/村上豊・絵

定価:本体495円+税 発売日:2009年08月04日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評『陰陽師』二十五周年を記念して 最新作とファンブックが同時刊行(2012.10.29)
書評もう一度、デビューする(2014.12.15)
書評エッチで、色っぽくて、ちょっと怖い話(2014.10.22)
書評音の渦に佇む獏さん(2014.01.23)
特設サイト夢枕 獏『陰陽師』シリーズ(2012.10.29)
インタビューほか夢枕獏「倒れるまで書き続けたい」(2012.10.29)