書評

真夜中の太陽

文: 中森 明夫 (コラムニスト)

『やや暴力的に』 (石原慎太郎 著)

「芥川賞のおかげで有名になったんじゃない。俺のおかげで芥川賞が有名になったんだ」。昨秋、初対面した石原慎太郎は、私の前でそう言って笑った。

 こんな面白い人物はいない。感嘆した。日本維新の会・分裂の会見で橋下徹も言ったではないか。「やはり石原さんは作家、しかも芥川賞作家ですよ」と(橋下が石原の小説を一篇でも読んでいるか、疑わしいが)。

「政治と文学、どっちを取るんですか?」と私が直球の質問を投げると、石原は急に真顔になった。

「そりゃ文学です」

 即答だった。

「政治はね、何ていうのかな……気の抜けた吟醸酒って感じだね」

 寂し気な表情で苦笑いを浮かべた。

 齢81。“作家”・石原慎太郎の最新短篇集が出た。驚くべきことだ。“政治家”・石原慎太郎はここ数年、激動の渦中にいた。これらの作品群を彼は、いったい、いつ書いていたのだろう?

 冒頭の「青木ケ原」は2000年発表の短篇を10年後の続篇で完結させたものだ。映画化もされている。青木ケ原樹海で自殺遺体探索する男が幽霊と出逢う怪異譚。が、後半は純愛劇に転ずる。妊娠した女が出産を果たせず死ぬ結末は、デビュー作「太陽の季節」と重なるのが興味深い。この作品は、岡崎京子の漫画『リバーズ・エッジ』の影響下に書かれたものと推察する。

「夢々々」は石原版“夢七夜”だ。夜、見た夢を描いているようで、ここには夥(おびただ)しい死が現れる。2011年春、未曾有の死者を出した東日本大震災の直前に発表されたのは、作家の“予知夢”によるものか? 直後に4度目の東京都知事選に出馬、当選。ちなみに本作品集に死の登場しない短篇は一作もない。本書の主題は明確に“死”である。

 2012年春、発表の「世の中おかしいよ」は池袋署の警察官の視点を借りた街のスケッチだ。東京都の最高権力者たる彼が、都庁の高みから下界を眺めながら、この都市がいかに狂っているかを描く様はおかしい。同年秋、電撃的に都知事を辞任、国政復帰へ。

 2012年末、橋下徹の日本維新の会に合流。その頃、発表された「僕らは仲が良かった」では、老作家が青春の夢に回帰しているように見える。

【次ページ】危うくなまなましい生

やや暴力的に

石原慎太郎・著

定価:本体1,500円+税 発売日:2014年06月30日

詳しい内容はこちら