書評

まがまがしい夜蜘蛛のイメージにのせて語られる戦争の記憶、老い、恥の意識

文: 片山 杜秀 (思想史研究者)

『夜蜘蛛』 (田中慎弥 著)

 この作品をいつの間にか「耳なし芳一の話」と重ねて読んでいた。小泉八雲の『怪談』の一篇。盲僧の芳一は琵琶の名手である。平曲をよく語る。平曲というのは『平家物語』の弾き語り。日本の伝統音楽の大切な一分野である。

 その芳一の『平家物語』を、ある貴人が是非に聴きたいという。決まって夜だ。芳一は迎えに手を引かれて館に行く。平曲を語る。居並ぶ人々は感に堪えないふうである。何度も呼ばれる。しかしそのうち寺の方でおかしいと気づく。芳一はやんごとなき筋に密かに招かれているつもりらしい。しかし、この寺の近所のどこにそんな場所があるか。招き主の正体は確かにやんごとなき筋なのかもしれない。けれど、この世のものではない。死人ではないのか。平家の死霊ではないのか。芳一の行き先は案の定、墓場である。壇ノ浦で海の藻屑と消えた平家一門の墓場である。

 というか、芳一が壇ノ浦の海底に眠る平家の死霊たちに召し出だされているとすれば、その頂点に居るのは平家の棟梁ではない。平家一門が奉じ、共に海へと没したのは安徳天皇である。芳一はあくまでも天皇の御所に呼ばれている。この世ならぬところの仮御所である。結局、芳一は天皇に呼ばれ、天皇のために語っている。形式的にはそうなる。

 とにかく、天皇だろうが平家だろうが、死霊に取り憑かれては、最後にはあの世に連れて行かれる。寺の住職は芳一の全身に経文を書く。そうすると死霊には芳一の姿が見えなくなるのだという。

 住職の言う通り。迎えに来た武者の亡霊は、芳一を見つけられない。どこに居るのか。懸命に呼ぶ。でも芳一は黙っている。居ないふりをする。亡霊は諦めかける。が、よく見ると虚空に耳だけが浮いている。住職が耳に経文を書き忘れたのである。亡霊は不思議がりながら耳だけをちぎって持ち帰る。芳一は耳を供物にして死を免れたことになる。平曲の名手としてその後を生きる。

【次ページ】

夜蜘蛛
田中慎弥・著

定価:本体550円+税 発売日:2015年04月10日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評第一級の史料が示唆する「昭和天皇の肉声」(2015.03.23)
特集駐屯地につれてこられた少女たちの運命は 詩人・丸山豊の見た戦争(2)(2015.01.21)
特集戦争の記憶とは抜歯のきかぬ虫歯である 詩人・丸山豊の見た戦争(1)(2015.01.20)
書評零戦神話と大日本帝国の崩壊(2014.11.25)
書評一兵卒として戦争にかり出された人々の思い(2014.09.14)
書評真夜中の太陽(2014.07.30)