特集

倍返しだけじゃない。読者が選んだ半沢直樹『ロスジェネの逆襲』感動の名言集

『ロスジェネの逆襲』 (池井戸潤 著)

親会社の銀行を向こうに回し、真っ向から立ち向かう半沢直樹。その言葉の端々に、半沢の仕事観、人生観が現れている。『ロスジェネの逆襲』文庫化記念キャンペーンに参加した読者が選んだ半沢の名言を、コメントとともに紹介していこう。既に読んだ人も、これから読む人も、半沢直樹の新しい魅力に気がつくはず。

「簡単なことさ。正しいことを正しいといえること。世の中の常識と組織の常識を一致させること。ただ、それだけのことだ。ひたむきで誠実に働いた者がきちんと評価される。そんな当たり前のことさえ、いまの組織はできていない。だからダメなんだ」(P394)

 

「正しいことを正しいといえること」。この言葉がシンプルながらも、一番心にスッと入ってきた言葉です。自分がそのようにできているか、考えさせられた言葉でもあります。(20代・男性)

 社会の理不尽さを嘆いてもはじまらない。与えられた仕事に誠実に取り組むひたむきさに勇気を貰いました。次回の作品も期待しています。(50代・男性)

 仕事は世の中のためにする、これを忘れて自分の保身や欲に走る、誰かを蹴り落とす、そんな人たちを撃破したり論破したりする姿は何度読んでも爽快です! 半沢のように頭の回転が早ければ、就職の面接で苦労することはないのにといつもおもいます。(40代・女性)


「全ての働く人は、自分を必要とされる場所にいて、そこで活躍するのが一番幸せなんだ。会社の大小なんて関係がない。知名度も。オレたちが追求すべきは看板じゃなく、中味だ」(P250)

 出向しても、逆境におかれても、自分の仕事に対して全力で真摯に取り組む半沢の姿は、やはり魅力的です。反面、日頃の自分自身の仕事に対する姿勢を、とても恥ずかしく感じた次第です。(40代・男性)

 社会人として勉強しながら読んでます。なかなか半沢さんのようにはなれないかもしれませんが、かっこよく、また心がいつも熱く仕事している様に、感銘を受け、自分もそうなれるよう、刺激とさせて頂いてます。社会人としていつもこの作品を読むとエネルギーが湧き自分の励みになってます!(30代・男性)


「仕事は与えられるもんじゃない。奪い取るもんだ」(P175)

 同じサラリーマンにとって、グサッと心に刺さる言葉が身に沁みます。(40代・男性)


「やらせていただきたい」(P183)

 敬語であり承認を求める言葉であるのに、決意と強さに満ち溢れています。(40代・男性)

【次ページ】

ロスジェネの逆襲池井戸潤

定価:本体700円+税発売日:2015年09月02日

銀翼のイカロス池井戸潤

定価:本体760円+税発売日:2017年09月05日

オレたち花のバブル組池井戸潤

定価:本体700円+税発売日:2010年12月03日

オレたちバブル入行組池井戸潤

定価:本体700円+税発売日:2007年12月06日


 こちらもおすすめ
書評女性が読む“半沢直樹” 「こんな上司と働きたい」(2015.10.06)
書評女性が読む“半沢直樹” 「時代が求めているヒーロー」(2015.10.05)
書評女性が読む“半沢直樹”「仕事の本質が描かれている」(2015.10.04)
インタビューほかモンスターストライクの責任者が語る「半沢直樹とモンストに共通する爽快感」(2015.09.29)
特集IT業界で活躍するロスジェネ世代の星が『ロスジェネの逆襲』を読んでみた(2015.09.18)
書評完全無欠のエンターテインメント(2015.09.03)